ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBハキミ!主力扱いでなければレアルに戻るつもりなし?BVB残留の可能性も?《ドイツの反応》

【ビルト】

ハキミ、ゲッツェ、サンチョ、ハーラント

4人のスターにまつわる話


sanchosa.jpg


▶ハキミ!主力扱いでなければレアルに戻るつもりなし?


これはBVBにとってチャンスとなるか?ハキミはスペインのテレビ番組“El Chiringuito”において将来について語っている。“レアルから出てきて以来、まだ一度も連絡を取っていない。将来どうなるかまだ聞いていないんだ。”と彼は明かしている。彼にとって重要なのはプレー時間だ。“レアルでプレー時間がもらえれば嬉しいけどね。それがなければ別な所で、という事になるね。これからも成長していきたいから。”と彼は続けた。


スポンサーリンク


つまり、レギュラーでなければレアルに戻るつもりはないという事だ。


ビルトの情報によると、ドルトムントはPSGのトーマス・ムニエを獲得したとしてもハキミを引きとどめたいようだ。


▶サンチョはメッシとロナルドよりも優れている!


サンチョは水曜日に20歳の誕生日を自宅で祝っている。イングランドの友人と家族抜きで。


サンチョは20歳ですでに90試合に出場しており、31ゴール42アシストを記録している。この数字はメッシ(26ゴール8アシスト)、それからロナルド(16ゴール16アシスト)が20歳だった時の数字を超えている。


▶ゲッツェ!レヴァークーゼンからの興味はなし・・


マリオ・ゲッツェはこの夏どこに行くのだろうか?ヘルタからの噂はもうなくなったようだが、レヴァークーゼンのペーター・ボシュが彼の獲得に興味を持っていると噂されている。しかしレヴァークーゼンのスポーツディレクターによればこれは間違いとのことだ。SDのロルフェスは、“マリオ・ゲッツェとは代表でも一緒にプレーしたが、彼は素晴らしい選手だ。だけれど彼は我々にとっては話題とはならない。”と語っている。

▶ハーラントとマンチェスター・ユナイテッド

BVB以外にはユナイテッドがハーラントの獲得に動いていたとされている。ハーラントの父、アルフ・インゲが“TV2”において、“監督だけでなく、みんなが獲得を望んでいるクラブに行かなければならない。”と明かしている。これが意味する事は、ユナイテッドのスルシャール監督はハーラントの獲得を望んでいたが、それ以外は疑問を持っていたという事だ。ユナイテッドは残念なことをしたものだ・・・。




以上です。

ハキミはなかなか強気な発言ですね。仮にレギュラーのポジションがないのであれば、さらにローンでプレーする事を希望するという事でしょうかね。

まあレアルがどうするか分かりませんが、ローンの延長だったらドルトムントにもチャンスがあるかもしれないですね。

[ 2020/03/27 18:09 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。