Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

バルセロナ!選手たちの年俸の30%を強制的にカット‼《ドイツの反応》

【ビルト】

選手達は減給の提案を断る!

バルサ、強制的に給料カット!

messi.jpg

スペインのメディアが報じたところによると、バルセロナの選手たちは、コロナの影響下でクラブが提案した減給案を拒否したとされている。


スポンサーリンク


どうやらクラブはそれに対して反応し、選手の給料を強制的にカットすることにしたようだ。


選手達は、その意思にかかわらず減給されることになってしまった。報道によれば年俸の30%になるとみられている。


バルセロナはこの強制的な措置の理由としてコロナウイルスの伝染を上げている。スペインの法律によると、このような事態では一方的に今回のような措置をとる事が可能なようだ。



その前に、クラブは選手たちに年俸の70%の減給を受け入れてくれないかと提案していたようだ。しかし選手たちはそれに反対していた。選手たちは減給を受け入れる意思はあったようだが、70%はさすがに多すぎたようだ。


バルセロナにとっては、チャンピオンズリーグの収益以外にもミュージアム、スポンサー収益が欠けており、選手に給料を払うのが困難なようだ。スペインではほかのクラブもバルセロナに続くとされている。


スペインはコロナウイルスの感染が最も広がっている国の一つだ。





以上です。


ドルトムントの選手は、20%の減給を受け入れたとニュースになっていましたが、なんとバルセロナは70%も要求していたようですね。これでは選手もさすがに反対するでしょう。結局クラブは30%の減給を強行したようですが、だったら最初の提案で30%ではだめだったのでしょうかね?


[ 2020/03/28 09:26 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
バルサの幹部には悪いイメージしかない
[ 2020/03/28 10:11 ] [ 編集 ]
クラブは予め金額の落とし所を想定してたんでしょうが、ネゴシエーションだからとりあえず吹っかけたんだろ。
パンデミックが収束に向かわないかぎり、今後、収入が途絶えるので給料は払えないという警告でもあるんでしょう。
[ 2020/03/28 12:30 ] [ 編集 ]
 中断期間月給70%減なら100億円ほどの捻出。クラブ側の損害はこの程度では済みませんから、70%でもクラブ側が欲を出しているわけではない。

 じっくり交渉せずに中断期間月給30%減俸を強行したのは、他のスペインのクラブが追従しやすいように規範を示したのかもしれません。
 本当に苦しいのはバルサやレアルではなく2部や3部のクラブ経営陣でしょうからね。
[ 2020/03/28 13:40 ] [ 編集 ]
>本当に苦しいのはバルサやレアルではなく2部や3部のクラブ経営陣でしょうからね。

3部は実質アマチュアだからあまり影響無いと思うけど。
2部も元々放映権料は殆ど無かったし、勿論CL等の放映権料や賞金も無かったし、ミュージアムの収益だって(ミュージアムが有るのかさえ疑問だけど)微々たる物。
影響大きいのは、元々儲かっていたバルサやレアルだよ、選手の給料も桁違いだから。
ブンデスも元々給料抑えめだったのが、こういう時にはアドバンテージとなっているよね。
[ 2020/03/28 18:39 ] [ 編集 ]
最初はチーム活動停止期間中の給与削減の話しで、リーグ戦27/38消化した約70%分の年俸は満額、残りの30%分の年俸を70%カット=9%、このままシーズン終了した場合、年俸20%カットのドルトムントとまったく同じ提案だよ
で政府が今回の新型コロナ対応で積極適用を宣言している一時解雇制度に移行すると
薄給の職員は失業保険の給付受ける訳だが、スペインの個人所得税最高税率基準の年収60万€以上の富裕層に失業保険が給付される訳ないので選手は年俸の残り30%分は0に、意訳すれば年俸30%カット
[ 2020/03/28 19:18 ] [ 編集 ]
バルサのフロントと自民党は同じニオイがする
[ 2020/03/29 00:43 ] [ 編集 ]
三木谷が全額補填すればいいだけなのに
[ 2020/03/29 09:12 ] [ 編集 ]
最初に強くどーん!と行っといて、後で要求下げて妥協してやったって上から言い放つ下種い交渉のやり方でしょ
[ 2020/03/29 13:20 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。