Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!シュルレ、トルヤン、トプラクらが夏に復帰!放出は厳しいか?《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!シュルレ、トルヤン、トプラクらが夏に復帰!放出は厳しいか?


schuuur.jpg


現在、コロナウイルスの影響を受けて移籍市場も静かになっている。これまで移籍に向けて進められてきた交渉も停止しているところが多いのだ。ドルトムントでは、今年の夏にローン移籍している6人の選手が戻ってくるが、ドルトムントの財政を圧迫しそうだ。

スポンサーリンク


ドルトムント、選手を放出できないかもしれない?


アンドレ・シュルは現在モスクワのスパルタクでプレーしている。その前はフルハムでプレーしていたが、いずれにせよ昔のプレーをとりもどせていない。彼はモスクワで13試合に出場し1ゴールをあげただけだ。


ドルトムントにとっても問題なのは、年俸700万ユーロという彼の給料だ。彼は2021年まで契約を残している。彼はまずドルトムントに戻ってくる・・。


▶センターバックのエマー・トプラクはブレーメンにローン移籍中だ。ブレーメンは650万ユーロの買取オプションを有しているが、コロナの影響でブレーメンにこの金額を払えるかは疑わしい。完全移籍が実現しなければドルトムントが彼の年俸400万ユーロを支払う事になる。


ジェレミー・トルヤンはローン移籍してからうまく行っていた。彼はセリエAのサッスオーロのレギュラーなのだ。さらにASローマからの興味も噂となっている。しかしイタリアではコロナウイルスが猛威を振るっている。



リーガ再会の目途は立っておらず、そうなるとドルトムントが350万ユーロを支払う事となるかもしれない。



▶パスラク(シッダールド)、ゴメス(ウエスカ)、ブルニチ(ディナモ)の将来は未定だ。彼らも夏に戻ってくる。





そういえば彼らはローンでしたね。トルヤンうまく行っているならもう一度試してみれば良いと思いますけどね。トルヤンならハキミの代わりに右サイドハーフでもいけそうな気もします。
でもムニエを獲得するならまた厳しくなりますかね・・。
[ 2020/03/29 17:46 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
選手抱え込んでるからサラリー支払うのがキツいんじゃないの
いつまでも選手に犠牲を強いてカットし続けるって事は出来ないんだろうし
ブルニッチはともかく、トルヤンなんかはもうドルトムントの為にプレーしようとか思ってない可能性が高そう
[ 2020/03/30 14:40 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。