Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

メッシ!15人の若手タレントの名前を上げる!ブンデスリーガからは4人‼《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

メッシ!15人の若手タレントの名前を上げる!
ブンデスリーガからは4人!


messi99.jpg

公式戦718試合で627ゴール261アシスト・・・

バルサのメッシが世界最高のサッカー選手の一人である事に疑いはないだろう。そんな彼も次の世代を担う若手タレントには注目しているようだ。

スポンサーリンク


このアルゼンチン人は“Topp Cards(カード会社)”において、もっとも才能があがる若手タレントを15人挙げている。

彼はそのカードセットにおいて、今後を担う若手を選んでいるが、それに加えて何が素晴らしいかを語っている。


例えば、ドルトムントのスーパー・スター、ジェイドン・サンチョのドリブルは“信じられない”との事だ。さらにレヴァークーゼンのカイ・ハヴェルツにおいては、“ゴール前での落ち着き”が印象に残っていると語る。さらにバイエルンの二人の若手も印象に残っているようだ。



以下がメッシのリスト

ジェイドン・サンチョ(20/BVB):“彼のディフェンスをかわすドリブルは信じられないよ。”


カイ・ハヴェルツ(20/レヴァークーゼン):“彼のゴール前での落ち着きは若い選手なのにすごく印象的だ。”


ヨシュア・キミッヒ(25/バイエルン):“本当に才能あるサイドバックだね。多くのアシストをしている。”


ベンジャミン・パヴァール(24/バイエルン):典型的なディフェンダーだけど、シュートも打てる”


トレント・アレクサンダー・アーノルド(21/リヴァプール):“攻撃が素晴らしいディフェンダーだね。将来有望だ。”


クリスティアン・プリシチ(21/チェルシー):“彼は素晴らしいバランスと動きを有しているよ。”


メイソン・マウント(21/チェルシー):“彼の試合を見て、世界最高になるポテンシャルがあると思ったよ。”


フィル・フォーデン(19/シティ):“彼は信じられないプレーをするよ。大きな才能だ。”


ルカ・ヨヴィッチ(22/レアル・マドリッド):“魔法のような選手だ。不可能を可能にする事ができる。”


エデル・ミリトン(22/レアル・マドリッド):“闘志あふれるすごいタレントだ。”


ウスマン・デンベレ(22/バルセロナ):“トレーニングの彼のスピードを見ると恐ろしくなるよ。”


フセム・アワール(21/リヨン):“彼はボールを持っていつも落ち着いている。それに素晴らしいテクニックを有しているよ。”


フレンキー・デ・ヨング(22/バルセロナ):“この年齢でこんなに完璧なパスの出し手は見たことがないよ。”


ジョアン・フェリックス(20/アトレティコ・マドリッド):“現在では世界で最もわくわくする若い選手だね。”


キリアン・ムバッペ:(21/PSG):“彼は素早くシュートまで持っていける。本当に驚異的だ。”





以上です。

メッシが15人の若手選手について語っていましたが、こんなに多くの若手を見ているというのは興味深いですね。



[ 2020/04/01 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
メッシがいったんなら何人かはバルサが狙うかもな?
今シーズンはもう打ち切りでかなり減収なのは間違い無いし不況にもなるけど、スポンサーやりたがってるとこはいくらでもあるからお金には困らない。
サンチョ、フォーデン、ハヴェルツあたりがカンプノウでやってるとこ見てみたいですよ。
[ 2020/04/01 06:21 ] [ 編集 ]
WCでのパヴァールのゴールはアルゼンチン戦だったことを思い出した
あれはエグかったな
[ 2020/04/01 15:08 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。