ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

イングランド・プレミアリーグ!残りの試合は中国で行われる可能性?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

プレミアリーグ!残りの試合は中国で行われる可能性?

purepurer.jpg

今日、金曜日の午後、プレミアリーグのクラブはビデオ会議を行ない今後の計画について話合うとされている。それによると、とあるクラブがとんでもない提案をするようだ。“アスレチック”が報じたところによると、残りの試合を中国で行うと言うのだ。

スポンサーリンク


この提案の背景にあるのが、昨年12月にコロナウイルスが発症した中国では、現在収束に向かっていることがあるようだ。さらに中国ならばリーガを開催するためのインフラも整っている。


それに加えて、これによってイングランドの医療システムへの負担を減らすことが可能となる。デイリー・メール紙が報じたところによると、それで空いたサッカー施設を緊急の医療施設として使う事が出来るとのことだ。マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーがすでに、緊急用の医療機関について話し合っているとされている。



しかしすでにいくつかのクラブはこのアイデアに反対している。一人の会長は“アスレチック”に対して、“何度も話題になるのは中国だ。でもそんなのは意味がないよ。クレイジーなアイデアだね。拒否されるだろうよ。”と語っている。



また別な会長は、“こんなのはエネルギーの無駄だよ。我々は生活を取り戻したいんだ。それができるのは神様と伝染病の収束だけだ。しかしそれがすぐに起こるようには見えないね・・・。”

プレミアリーグは4月30日まで中断となっている。



以上です。

ドイツでは接触禁止令が4月19日まで伸びましたね。都市によってはマスク着用が義務化された所もあります。一日の感染者数は減少傾向にあるようですが、もうしばらく続きそうですね・・。ドイツは3月13日から飲食店や入浴施設などの営業が制限されましたが、20日からは生鮮食品店や薬局以外は全面的に営業中止となっています。

[ 2020/04/03 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
中国で本当に収束しているのかは疑問だけどね…政府が克服したと宣伝してるだけ。
先日もNHKスペシャルで武漢の様子が出てたけどまだまだ発熱外来に長蛇の列。医師も「武漢で収束したなんてデマだ。未だに先が全く見えない状態で怖い…」って暴露してた。
収束の兆しどころか、先が見えないらしい。勿論一時のパンデミック状態は脱したけどそこから中々先が見えないというのは、このウイルスの撲滅の難しさなんだろうね。中国はSARSの時も隠しまくったから、今回も数字等かなり改ざんしてるだろう。
ドイツも減ってきてもそこから長いかもしれない…
日本はこれからがピークに向かう予想で、それこそ先が見えない。
[ 2020/04/03 23:59 ] [ 編集 ]
 中国は厳戒態勢が解除されただけで、がっつり規制モードですから、さすがに試合をするのは無理があります。そもそも中国が感染拡大中の英国からの入国を許可しないでしょう。
[ 2020/04/04 01:06 ] [ 編集 ]
中国が収束してるわけねだろw
そもそも中国発信の情報が信用できるわけねだろw
[ 2020/04/04 01:16 ] [ 編集 ]
ちょっと頭がおかしいのだ
[ 2020/04/05 17:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。