Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

元ベシクタシュ幹部!香川について語る!「日本人は皆賢いと思っていた・・」《ドイツの反応》

【Gazete.de】

元ベシクタシュ幹部ユセルが香川について語る!
“日本人は皆賢いと思っていたが・・。”


kagawa70.jpg

インスタグラムのライブチャット“OrtaCizgi.com”においてメディアディレクターのムラト・エゼンと元ベシクタシュの幹部フセイン・ユセルと会談し、香川真司の移籍がどのようにして実現したかを明かしている。


スポンサーリンク



ユセルによると、移籍市場が閉まる2019年の12月31日(※原文通り)にその移籍が実現したのは、本当に“ラッキー”だったとのことだ。

“香川の移籍はちょっとしたラッキーもあった。後になってから、3時間で移籍を決めてしまうのは大きなクラブの移籍政策としてどうなのかという批判がソーシャルメディア上であったけどね。どうしてそうしたのかみんなに説明しようとしたよ。チャンスがあったからそれを掴もうとしたんだ。何も最後の最後まで隠していたわけではない。”とユセルは語る。


またユセルは香川獲得の舞台裏を明かしている。“移籍市場が閉まるまでは後数時間しかなかった。私はこれ以上のラッキーがあるかトライしようと言ったんだ。交渉に上がっていた金額は150万から200万ユーロだったからね。私は75万ユーロでオファーするように言ったんだ。なにも失うものはないからね。でも我々の会長はそれには反対したよ。彼は‘そんなの恥ずかしいよ。もう少し多めにオファーしないと。’と言ったんだよ。そして最終的には90万ユーロでオファーし、ポジティブな回答を貰ったんだ。もちろんこれは我々にとってはすごく気に入る内容だったね。興味深いのはこの移籍が最終的に、香川のスペイン2部で終わった事だ。我々は日本人は賢いと思っていたんだけどね。これは興味深いよ。”とユセルは語った。



以上です。

金額はおそらく半年間の給与の事ではないかと推測しますが、ベシクタシュは香川選手を時間ギリギリを利用して随分買い叩いたみたいですね。プライベートジェットで歓迎するというジェスチャーとは裏腹に裏では、できるだけ値段を下げようと下みたいですね。
まあ賢ければベシクタシュに残るべきだったとでも言いたいんでしょうが、ずいぶんな言い分ですね・・。最初から買取オプションがなかったのに、それが事実として把握されない、その考え方は実に興味深いですね。



[ 2020/04/05 16:59 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(12)
これはレンタル料金の値段。給料はドルトムント持ちだとドルトムントフロントが言ってた。
でも香川は本当にトルコに行きたくなかったみたいだし、実際トルコに行ってそのレベルにガッカリして「ここに馴染んではいけない!」と、(居心地は良かったけど)誓ったそうだから… 
[ 2020/04/05 17:12 ] [ 編集 ]
この話読んでると倒産寸前だっつ危機感ゼロだよね
お金ならサポが勝手に運んでくれるみたいな感じに聞こえる
Jでこんな風に言ったらサポからなにされるかわからんよ。おそらく香川も似たような印象持ったんでないかな?
[ 2020/04/05 18:15 ] [ 編集 ]
香川もベシクタシュに残る気はなかったとハッキリ日本のメディアで言ってましたし
買取義務をつけなかったからこそベシクタシュを選んだんでしょうね
まぁそれにしても取り逃がした選手に対して未だグダグダ言ってるのは本当みっともなさすぎ
[ 2020/04/05 19:14 ] [ 編集 ]
 ベシクタシュに移籍したのが過ちだった。確かにそれは賢い選択ではなかったと思う。
[ 2020/04/05 19:28 ] [ 編集 ]
買取オプションを付けなくて済んだからこそ、ベシクタシュに行ったのに、何を今更。
あれだけトルコ人を優先起用していたのに、今季の順位がふるわないから負け惜しみですかね?
[ 2020/04/05 20:05 ] [ 編集 ]
ドイツはリーグから出て行った選手を馬鹿にして嘲笑
イタリアは安く買い叩こうと蠢動
トルコはドイツとイタリアを足して割った後に+αって感じで入る前も出た後もいつまでもウザい
[ 2020/04/05 21:33 ] [ 編集 ]
スペインの1部リーグに移籍できなかった、そして2部に行ったという事実はあまりにもショックだったし、今でもそう思いますね。
まだ30歳なのに香川が2部に行くなんて誰が想像したでしょうか。
ここで大活躍していればまた違う気持ちにもなれたとは思いますが。
[ 2020/04/05 23:58 ] [ 編集 ]
そもそもスペイン2部ってトルコ1部よりレベル低かった?
しかもサラゴサには1部昇格のポテンシャルは十分あるし、香川はドルトムント時代、ユナイテッド時代に築いた人間関係を通して、驚くほど周到に事前情報を得ていた。
賢い移籍だったと思いますけどね。
[ 2020/04/06 01:29 ] [ 編集 ]
ベシクタシュでも要らないって言われてスペイン二部に行ったんだと思ってたけど
違うってことか
[ 2020/04/06 02:56 ] [ 編集 ]
トルコの監督が、まるで香川を使う気なかったやん。
おさらばしてよかったでしょ。スペイン行って、実際、一部昇格出来そうだし、当初設定した夢は叶うんじゃないか。やっぱりタリスマンボーイだよな!
[ 2020/04/06 09:48 ] [ 編集 ]
賢くないからそんな待遇しか用意できなかった自らの無能さは棚に上げるんだね
[ 2020/04/06 13:46 ] [ 編集 ]
2:56さん
ギネシュ監督は使ってくれなかったけど、次の監督と会長は今季も香川選手獲得する気マンマンでしたよ。
まぁ、今はその監督も成績低迷で解任されてますけどね。
[ 2020/04/06 15:56 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。