Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ギュンドガン!世界で最も完全なストライカーを明かす!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ギュンドガン:これが世界で最も完全なストライカーだ!!!


gungun.jpg

イルカイ・ギュンドガンはボルシア・ドルトムント時代を振り返る。現在マンチェスター・シティでプレーするこのミッドフィルダーは2011年から2016年までドルトムントでプレーしたのだ。彼は現在ではかつてのチームメートとはそれほど連絡は取っていないようだが、何人かは特別に記憶に残っているようだ。

スポンサーリンク



“移籍すると別々になってっしまうね。人生と一緒だよ。代表ではマルコ・ロイスとは良く会うけれど。それからマッツ・フンメルスとはたまに連絡を取っているよ。唯一ユリアン・シーバーだけが本当の友人になったね。彼とは今でも頻繁に連絡を取っているよ。”とギュンドガンは“DAZN”において語っている。

現在ではそれほど頻繁に連絡は取っていないようだが、それでも元ドルトムントの選手のキャリアは追っているようだ。特にロベルト・レヴァンドフスキーには注目している。


ギュンドガン:“彼と一緒にプレーするのは大きな喜びだったよ。彼はさらに成長しているね。彼の技術は前からだったけれど、今はそれに冷静さが加わっている。彼がゴールする様子と言ったら本当にすごいね。僕にとっては彼が世界最高であり、完全なストライカーだよ。”




彼はさらに忘れられない試合についても語っている。チャンピオンズリーグの奇跡と言われている2013年4月9日のマラガ戦だ。ボルシアはアディショナルタイムでは1:2で負けていたが、そこからロイスとサンタナのゴールで逆転したのだ。“あれは本当にエモーショナルな瞬間だったね。その時はプレーしてなかったけれど、思い出すたびに鳥肌が立つよ。”とギュンドガンは語った。



以上です。

ギュンドガンとシーバーが私生活でも親しくなったというのは初めて知りました。香川選手とは時々連絡を取っているんでしょうかね。あの二人のプレーは本当に良かったですね。レヴァンドフスキーについてはまったくその通りだと思います。

[ 2020/04/06 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
レバだろうなと思ったらレバだった。
[ 2020/04/06 11:09 ] [ 編集 ]
香川のかの字も出てこねー
[ 2020/04/07 05:23 ] [ 編集 ]
そのレバは全盛期の香川って言ってたけどね。良い時だけ擦りよって勝ち馬に乗る奴は信じられないな。
[ 2020/04/08 05:01 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。