Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

バイエルン!ライプツィヒのヴェルナーの獲得に動く?‼2トップの用意も!!《ドイツの反応》

【ビルト】

ツートップは可能だ!

フリック、ヴェルナーのために扉を開ける!


werner4.jpg

契約延長後、移籍に関して初めての発言だ!


2023年まで契約を延長したバイエルンのフリック監督だが、公式の場で初めて補強に関して口を開いた。ビデオで行われた記者会見においてフリック監督はティーモ・ヴェルナーとレロイ・ザネーがバイエルンの計画に入っているか、それから2トップは可能と質問されると、“2トップはオプションに入っているね。対戦相手に対してフレキシブルに対処しなければならないからね。だから2トップでもプレーできないといけないよ。”と語っている。

スポンサーリンク


これが意味するところは、フリックがヴェルナーのために扉を開けたという事だ。この監督はヴェルナーを評価しているとされているが、バイエルンには現時点ではフォワードはレヴァンドフスキー一人だけなのだ。


しかしビルトの情報によると、優先順位としてはサイドの選手の方が高いようだ。ヴェルナーもサイドでプレーできるが、そのポジションならザネーの方が優れている。


いずれにせよこれによってフリックが補強に大きく関わるつもりであることが明らかとなった。契約延長では移籍の拒否権をつかみ取ったとされている。フリック:“拒否権というのはちょっと固い言葉だけれど、でも監督が決断に関わる事ができるというのは、前任者の場合もそうだったよ。”



またフリック監督はミロスラフ・クローゼに関してもコメントしている。現在クローゼはU17 で監督をしているが、もしかしたらもうすぐプロチームでベンチ入りするかもしれない。


フリック:“大事なのは、チームのためにどういったキャラクターを必要とするかだ。すでにミロとは話をしたけれど、他の人とも話をするつもりだよ。彼は非常に忠誠心が高く、親しみやすい人間だ。彼がトレーナーチームに入ったら、それは大きな収穫だろうね。”


さらにフリック監督はトーマス・ミュラーの契約延長に続いてノイアーとアラバも延長することを望んでいる。


フリック:“それは選手とクラブが決めなければならない事だ。私がどれだけマニュエルを評価しているかは、これまでに何度も言っている。さらにアラバも今素晴らしいプレーをしているし、ティアゴのレベルも高い。正しい方向に物事が進むことを望んでいるよ。”


現在、ノイアーとの契約延長の話は進んでいない。ノイアーは長期契約を望んでいるが、バイエルンは躊躇しているのだ。





以上です。

フリック監督は延長しましたからビデオで記者会見を開いたようですね。リーガは中断していますが、バイエルンは着々と仕事をこなしている感じがしますね。ザネーかヴェルナーの両方を獲得したら、また強くなりそうですね。


[ 2020/04/08 06:03 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
コロナのピークが見えてきたので、うまいこと行けば残りのシーズンやれるかもしれないし、新シーズンはいつも通りに入って行けそう。
バイエルンはさすがに動きだし速いよな。
まあ、仮に、ヴェルナーがバイエルン行くことになれば、他のクラブにとってはコロナ以上に厄介になる。アタッカーのポジションならどこでもやれるし、数字も出した。使い勝手なら今のメンバー誰よりもいい。
勘弁してもらいたいですよ。
[ 2020/04/08 13:55 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。