Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

レアル・マドリッド!7500万ユーロの給与を削減か?放出するべき選手は?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

レアル・マドリッド7500万ユーロの給与を節約するつもり!放出候補は?

サッカー界はコロナの影響で苦しんでいる。

bale5.jpg

コロナの影響を受けていないクラブはどこにもない。スペインでは世界でも最も厳しい外出禁止令が出ているのだ。そしてレアル・マドリッドも苦しんでいる。


スポンサーリンク



スポーツ紙“AS”が報じたところによると、レアルは経済的な損失に対処するつもりのようだ。それによると7500万ユーロの給与を削減するつもりのようである。現在26人の選手が在籍しているが、年俸の合計は2億8400万ユーロになるとされている。


放出候補の最上位にいるのがギャレス・ベイルだ。彼の契約は2022年までとなっているが、1450万ユーロの年俸を受け取っている。さらにハメス・ロドリゲスを放出することができれば、合計で4500万ユーロを節約する事が出来るのだ。


さらにジダン監督が起用していない、マリアーノ・ディアス、ブラヒム・ディアス、それからローン移籍中のダニー・セバロス(アーセナル)、ヘスス・バジェホ(グラナダ)、アルヴァーロ・オルディオゾラ(バイエルン)も放出候補に挙がっている。






以上です。

7500万ユーロというと全体の4分の1弱という事になりますから結構な金額ですね。しかしこのような状況で受け入れ先が出てくるかが問題ですね。


[ 2020/04/08 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
アタランタvsバレンシアの件があるから、サッカーのバブルのとこが吹っ飛ぶのは間違いない。大規模な集団感染が起きたところ、疑われたところにわざわざ行く人はいなくなるからな。
それに、どこの政府も会社にかなりのお金を突っ込むようだけど、これは会社からすれば借金。
マドリーも莫大な借金もあるみたいだから今後かなり苦労するでしょ?
ブンデスリーガは懸命にも無観客から再開するらしいな。世の中がリセットされたことを冷静に見てるよ。
[ 2020/04/08 19:46 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。