ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》EL予選、香川は“3”の評価!ドイツ紙の採点と寸評まとめ

昨日行われましたヨーロッパリーグ予選、各紙の採点と寸評をいくつかまとめました。





【西ドイツアルゲマイネ新聞】



ビュルキ 2.5


前半は38分のフリーキックの場面で少し不確かさを見せたが、他はほとんどやることがなかった。後半はやることが増え、65分のザイドルのフリーキックをしっかり止め、84分にはトリディナスのヘディングをしっかり弾いた。それ以外では彼が足でもボールをうまく扱えることを証明した。

201507311857018f2.jpg

ピスチェク 3


右サイドではとても積極的にプレーに参加し、多くのクロスをあげた。しかしその多くは危険なものではなかった。それは彼がサイドと中央の中間あたりの位置からクロスをあげていたせいでもある。一番良いクロスはオバメヤンが外してしまった。守備では何もさせなかったが、後半はその確かさが失われてしまった。


ソクラティス 5


このギリシア人の前半はだいだいにおいて手堅い出来で一対一でも負けることはなかった。しかしその後そうした印象は変わってしまった。彼のつまづきから、ツィンデルは大きなチャンスを獲得し(70)、その後2度もコーナーキックからのトリディナのヘディングを防ぐことができなかった(71.84)。そしてピスチェクとビュルキがライン上でボールをクリアしたことは彼にとっては幸運だった。それに彼のパスミスが、ヴァイグルの戦術的ファールにおけるイエローカードの原因となった。


フンメルス 3

前半はミスのないでき。このキャプテンは守備において力強く、組み立ても良かった。しかしヴォルフスベルガーが力を出してからそれは揺らいだ。61分には相手に押しやられ、70分にはペナルティーエリアの中で簡単にやられてしまった。そしてその2回ともツィンドルの大きなチャンスにつながってしまった。そして90分にはボールを失い、それは戦術的なファールで止めるしかなかく、イエローカードをもらうことになってしまった。


シュメルツァー 3.5

右サイドのピスチェクのように積極的ではなかった。しかし攻撃において賢いポジショニングを見せ、守備では問題がなかった。


ヴァイグル 2.5

この19歳の本当に手堅く自信に満ちた公式戦デビュー。彼がソクラティスのパスミスから戦術的なファールでイエローをもらった時は、このギリシア人に自分がどう思っているかをはっきりと示していた。この確かな自信がいたるところで感じられた。守備においても、試合の組み立てにおいても賢いポジショニングをし、ボールを確かに捌いた。そして喜ぶべきことに、ボールを確かに扱うという選択をせず、縦にボールを運んだ。


ギュンドガン 3


この代表選手の序盤は圧倒的だった。ほとんどの攻撃にかかわり、相手の多くのボールをカットした。昔の力だ少し戻ったようだ。しかし後半は明らかに目立たなくなってしまった。


ホーフマン 3.5

このカムバックを果たした選手のスタメンには驚いた。そしてミキタリアンの横パスに対して、無人のゴールへシュートを決めた。よく走り頑張っていたが、いつも試合に関わっていたわけではない。そしてちょっとミスが多すぎた。


ロイス 4

多くの状況で彼の力の片鱗を見せ、力強いパスをだした。先制点の場面で彼がボールに行かなかったのは良かった。でなかったらオフサイドになっていただろう。しかしチームメートと同様に彼も後半は目に見えてパフォーマンスが低下した。


ミキタリアン 2.5


前半では彼がドルトムントのベストの選手。攻撃の要となっていた。そして彼が先制点のアシストをしたのは、当然の結果であった。それに加えて多くのチャンスを力強く演出し、71分には相手の同点ゴールをライン上でクリアした。


オバメヤン 

16分には正確なパスをミキタリアンに送った。これが彼のベストのシーンとなった。何度かヘディングのチャンスもあったが(2.15.56.)、それをものにすることはできなかった。彼の最大のチャンスは一人でゴールキーパーの方へと走った77分に訪れたが、できなかった。


香川真司 採点なし

ホーフマンと交代で出場したが、もはや決定的な働きをすることはできなかった。


カストロ 採点なし

ヴァイグルに代わって出場。しかし目立つことはなかった。


カンプル 採点なし

ロイスと交代

2015073118565562d.jpg

スポンサーリンク


20150731185657b58.jpg


ビルト採点

ビュルキ 2

ピスチェク 3

ソクラティス 3

フンメルス 2

シュメルツァー 3

ヴァイグル 2

ギュンドガン 3

ホーフマン 2

ロイス 3

ミキタリアン 

オバメヤン 3

香川 3

カストロ 3

2015073118565873c.jpg





以上です。


今シーズン初の公式戦の採点となりました。


このブログも2シーズン目ですから、それぞれの採点をシーズンを通してうまくまとめられれば良いとも考えているのですが、そこまで手が回るかどうか・・・。


寸評ももう少し短くしてくれると訳すのは楽なんですが、結構長いですよね。でも試合を見ていなかった人にもある程度分かるようにするためには、このぐらいの長さは最低限必要なのかな、などと思います。


管理人はヴァイグルが結構気に入りました。19才という才能に期待したいですね。このフォーメションだとロイスがゴール前でシュートがあまり打てないのが残念ですね。まだキャンプの疲れもあるでしょうから、ブンデスリーガ開幕に向けてコンディションを上げていってもらいたいです。


【おまけ今日のドイツ】

休暇中の写真です。
IMG_6746.jpg

博多駅に展示されていた飾り山笠です。お祭り気分を味わえました。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/07/31 19:04 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(22)
No title
お帰りなさい!

休暇中で日本の博多の写真だけど【おまけ今日のドイツ】のままなところが、気に入りました☆

--------------------------------------------

しっかし…すぐまたテストマッチなので選手は大変ですね。みんなバテバテになりそう。
今月は、体制などいろいろ変わった中でアジア行ったりなど大忙し1か月でしたし。どうかケガがありませんように。

>それぞれの採点をシーズンを通してうまくまとめられれば
EXcel表にしてシーズンごとに管理してみるとか?(笑)
それじゃ仕事になっちゃいますね(笑)

ブログの手直しなどし始めるとけっこう大変なので、時間がかからなそうでずっと気になっていたところから始めるといいかもしれません。
[ 2015/07/31 20:15 ] [ 編集 ]
祝2シーズン目
長らくありがとうございます。
今シーズンもよろしくお願いします🍀
[ 2015/07/31 20:36 ] [ 編集 ]
ムヒタリアンが全然無茶なドリブルしなくなってて程よいアクセントになってて、トゥヘルの意識改革すげーってなりました!
後半あまり良くなかったけど、難しいアウェイ初戦で勝ち切ったのは良かった!長い目で見ようとおもいます
[ 2015/07/31 21:19 ] [ 編集 ]
No title
>このフォーメションだとロイスがゴール前でシュートがあまり打てないのが残念ですね
おっしゃる通りだと思います
是非とも相性のいい香川選手と一緒に出して欲しいです
一緒に出るとロイスがシュート打てるチャンスも広がると思いますし
ついでにオーバメヤンまで消えてしまうと・・
[ 2015/07/31 21:43 ] [ 編集 ]
初戦のアウェイを勝ち切ったという事実が何より大きいと思います
なんども、また去年みたいに追いつかれるのか…と思ったので逃げ切った意義はとても大きい
成熟度が足りないのは当たり前なので、序盤は急造でもなんとか食らいついて欲しいですね
[ 2015/07/31 23:39 ] [ 編集 ]
ピッチが酷かったらしいので選手たちの疲労もより大きかったのではないかと思います。香川も悪くはないがインパクトもない。まさに採点3が妥当でしょうね。膝を痛めてから今ひとつ調子が上がってないのが気にはなりますが今年もゆっくり休んでいないので焦らずコンディションを上げて欲しい。

[ 2015/07/31 23:54 ] [ 編集 ]
お疲れさまです!ここのまとめが凄い好きなので嬉しいです!今期もぜひよろしくお願いしますm(__)m
[ 2015/08/01 00:12 ] [ 編集 ]
No title
ホフマン得点決めたのにも関わらず評価の点が3.5パっとしなってのはちゃんと評価されててホっとしました。
西ドイツアルゲマイネ新聞ではありますが…、あのミスの多さは一目瞭然ですよね。

ビルトは得点決めた人には優しいなぁ~んもー!笑

トゥヘルは相手によって出る選手やフォーメーションが変わる監督とは聞いていますが…
まだ色々とフォーメーション試したい時期でもあるんでしょうかね。
前半急ぎすぎ&後半バテバテでもったいなかった。

それにしてもミキタリアンの玉離れが良くなったように思いますがトゥヘル指導のおかげなんでしょうかね。
[ 2015/08/01 00:29 ] [ 編集 ]
最近ミキタリアンが調子良いな。
[ 2015/08/01 00:38 ] [ 編集 ]
管理人さんお久しぶりです。
博多に居るんですか~
私、博多人ですよ!!

香川選手が出ていなくてロイスがトップ下の時はロイスが消えてしまいますね。
ロイスと香川選手2人が一緒に出ているときが一番得点につながると思います。
もちろん、トゥへルも気づいていると思いますけどね。リーグ戦開幕まであと2週間。
香川選手は頑張ってスタメン勝ち取ってほしいですね。
[ 2015/08/01 01:22 ] [ 編集 ]
ムヒは左サイドだと、まあまあいい動きする。それに、ムヒはロイスがトップ下だと素直にパス出す。誰かもいってたけど、このフォメだとロイスは得点とるほうには関わることが少なくなるかも。
ムヒはイケイケの状態だけど、オバも
ロイスも生かすのなら、香川を入れたほうがいいような気がするけどね。前半のメンバーは確かにスピードはあるかもしれないけど。香川にとっては厳しい戦いにはなるだろうけど、まあそのうち試合を重ねていくうちに、おのずとどのメンバーがファーストチョイスか出てくるでしょう。
[ 2015/08/01 01:31 ] [ 編集 ]
No title
昨季も左やった時はいい動きしてましたよ>ムヒ
この試合も左にいるときは香川選手ともパス交換していました
ただ右にいるとまた戻ってましたが
[ 2015/08/01 01:55 ] [ 編集 ]
No title
昨シーズンはやきもきしたけれどムヒが調子良くなって何よりです。
全体的に重めな感じがしたのはトレーニングで蓄積した疲労もあると思うので、徐々にその成果が出てくることを期待します。

個人的に今回のEL予選後すぐに行われるベティスとの練習試合には感慨深くなります。
ベティスは10年程前に好きなチームの一つでした。
マルコス・アスンソン、いい選手だったなあ。
[ 2015/08/01 02:13 ] [ 編集 ]
No title
ミキを良くする為にロイスが消えちゃ本末転倒だと思うけど、2列目のオプションは試行錯誤なとこかなとは思う。ただ、トゥヘルの4141には大いに不安が残る。
[ 2015/08/01 05:54 ] [ 編集 ]
トゥヘルは選手の組み合わせに頭を抱えてるのかもしれない。まだ答えは出てないと思いますね。
[ 2015/08/01 07:24 ] [ 編集 ]
No title
ムヒの状態がよくなったのはこの2戦ですね
その前2試合続けてロストがありましたね
また元に戻らないことだけを祈りましょう
早くムヒにもトゥヘル体制になってからの初ゴールが欲しいところです
[ 2015/08/01 08:38 ] [ 編集 ]
No title
ムヒは崩す事を考えない。
ボールを持ったら、それが次に渡るのはフィニッシャーかゴールマウス、つまり基本フィニッシュの事しか考えていない。
ロイスだろうが香川だろうが、彼と一緒に出たトップ下が消えるのはそのため。
トゥヘル体制下での3列目の役割は縦パスよりも、サイドへのちらし、縦パスはCBから。
監督は戦術バリエーションで知られるけれど、ムヒ、ギュンドアンを引き止めた張本人でもあり、この戦術が基本路線である事に変わりはなさそう。
気が早いようだけど、個人的には香川は移籍したほうがいいと思っている。
[ 2015/08/01 12:40 ] [ 編集 ]
No title
ドイツの採点が全て正しいとは思ってませんし、もちろんプレイの好みなどでも分かれると思います。
それでもモヤモヤする時もありますが…。
昨シーズン、こちらで採点の癖?など教えてもらってから、
そう言う事も含めて見ると、ちょっとおもしろくなりました。
はいはい、ゴールした人だけがエライのね~!なんて余裕を持って見れます(笑)。
寸評も訳す方は大変でしょうが…私は楽しく拝見させて頂いてます(笑)。
複数の採点を見比べるとおもしろいですし、色んな視点からのサッカーが楽しめます。
大変かと思いますが、無理のない範囲で充分ですので、よろしくお願いします。
[ 2015/08/01 18:03 ] [ 編集 ]
少なくともこの試合に関して、ミキがフィニッシュしか見てない、崩す気がないからトップ下が消えるというのは言いがかりの範疇でしょう
特に前半ですが、無理なドリブルをせずロイスやシュメとの崩しを試みるシーンが多く見られて驚きましたよ
もちろんこのフォーメーションを全面支持するわけではないですが
[ 2015/08/01 18:17 ] [ 編集 ]
No title
2シーズン目おめでとうございます!
お手間が掛かるとは思いますがどうぞ宜しくお願い致します。
[ 2015/08/02 10:09 ] [ 編集 ]
No title
ミキはサイドで個人技とコンビネーションプレーのバランスが良かったように思います。サイドでうまくチャンスを作ってましたね。ロイスはトップ下よりもサイドの選手かな?攻撃に変化をつけれなかったですね。だからドルの攻撃がサイドに追い込まれてロストを繰り返していましたね。高い位置でのロストなので、相手のカウンターもうまくいかず、ピンチ自体もすくなかったですが。ホフマンはほぼDFに抑え込まれてて、現状ではスタメンは厳しいと思いました。
[ 2015/08/02 10:22 ] [ 編集 ]
おかえりなさい?
夏休みの課題は完遂できましたか?(あの、食べなければいけない物リスト(笑))
今シーズンも楽しみにさせていただきますので、無理のないように続けて下さい
[ 2015/08/03 10:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。