ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》グロースクロイツ移籍か?ドルトムントにがっかり!!【ビルト】とドイツ人の反応

本日のビルトよりドルトムント関係の最初の記事になります。






グロースクロイツがドルトムントにがっかりさせられる


“もう何週間も誰も僕と話をしないんだ・・・”

20150801052312aba.jpg


昨日の夜に行われたヨーロッパリーグ予選でのヴォルフスベルガーAC戦(1:0)の試合をグロースクロイツはテレビで見ることになった。彼は膝の問題によるトレーニングの遅れにより、新監督トーマス・トゥヘルのメンバーに選ばれなかったのだ。


いずれにせよ、彼がBVBの試合を今後もテレビでのみ観戦する可能性は高くなった。どうやらお別れの傾向にあるようだ。


グロースクロイツはトゥヘルの下ではどうやら大きな役割を担うことはなさそうだ。彼の契約は今シーズンで終りとなる。フラストレーションは大きい。


このワールドカップ優勝者はビルトに対してこう語った:“あと何週間かすれば僕がボルシアでこれからもプレーするかどうかが明らかになるだろうね。僕はドルトムントで誰も僕と話を持たないことにとてもがっかりしているんだ。”


20150801052313fb6.jpg


(彼と話をする代わりに)彼に対しては語られている。オーストリアに旅立つ直前にマネージャーのミヒャエル・ツォルクは西ドイツアルゲマイネ新聞で“ケヴィンは我々のクラブと完全に一体化している選手だ。でも彼が変化を望むのであれば、彼が我々の所に来るだろうし、そこではオープンな話し合いが持たれるだろう。”と語っている。


つまり:BVBはこの中盤の選手が自ら移籍を志願することを待っているのだ。


ボルシア・ドルトムントのボスが自らそうすることはないだろう。そうするにはチームと一体化しているグロースクロイツに対するファンの心配が大きすぎる。


ファンたちは彼のためのソング“俺たちゃドルトムント”もあるし、専用マフラーもある。ファンたちは昨シーズンプラカードを掲げて、すぐに契約を延長するようにクラブに求めていたのだ。


グロースクロイツはおそらくイングランドのクラブやブンデスリーガの他のクラブ(おそらくケルン)からの興味があるとされているが、それでも“BVBが常に僕の最愛のクラブさ!”と語る。

しかし将来この関係は遠距離恋愛になるだろう・・・・。



スポンサーリンク


2015080105231469d.jpg


ドイツ人の反応 (ドルトムントファン以外多数)


・またドルトムントに対して文句を言う選手が一人・・・。いったいどうなっているんだ?幸せな時間は過ぎた?(注:最近ヨイッチがクロップを批判)


・ケヴィン、本物の愛はどうなったんだ?


・ヨイッチとも誰も離さなかったようだし、今度はミスター・ドルトムントもかい?本物の愛っていったい・・・。笑えないな。


・↑まあシュバインシュタイガーの事もあるし・・。


・↑ちょっとシュヴァインシュタイガーは別に文句は言っていないわ。


・彼はケルンに移籍するだろうね。


・話もしないし、サッカーもしない。彼はいったい一日中何をやっているんだ?


・責任者側から無視されることはいじめに等しいよ。そのようにしてチームから追い出すんだ。彼はこんな扱いをされるべきじゃないよ。


・もしこれが本当ならBVBのやっていることは間違っているね。


・これは絶対にいじめだね。


・↑そしてインモビレは夕食に招待されなかった。


・グロースクロイツは過剰評価だ。


・本物の愛なんて笑えるね。


・もしケヴィンが去ることになったら、次のホームの試合ではトゥヘル達は温かい格好をしてくるべきだね。(注:おそらくビールを浴びせられるから?)


・ケヴィン、これは君のパフォーマンスのせいでしかないよ。ヨイッチのように嘆くのはやめるんだ。


・こういう扱いはケヴィンにふさわしくないね。だけどトゥヘルには何ができるというんだ?


・悲しい結末だね。彼は選手というだけでなく、何よりもファンなのに。彼がチームのためにしたことは大きいのに。


・彼はもうすぐケルン行きだね。きっと合意してるんだ。





以上です。


このグロースクロイツの発言に関して、トーマス・トゥヘルは昨日の試合後以下のように語っています。“彼の行いも僕をがっかりさせているよ。彼が公の場で意見を言おうとしたのはこれで2度めだ。これは我々が話し合って決めたやり方ではない。(注:何かあったら直接話しをもとう、と決めていたようだ。)”と語っています。


こうなってくるとグロースクロイツの移籍も本当にありそうですね。これに対してグロースクロイツもインスタグラムで盛んにメッセージを発していますが、どうなっていくか注目して行きたいと思います。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_0342.jpg

ドイツの庭
とても綺麗に手入れされています。日本のガーデニングとは随分違いますがドイツのお庭もなかなか良いですね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/08/01 07:16 ] グロースクロイツ | TB(-) | CM(10)
No title
フロントと話してないのを意図的にチームメイトとも話してないと誤解される書き方
ビルトもあれだな
[ 2015/08/01 07:24 ] [ 編集 ]
No title
>BVBはこの中盤の選手が自ら移籍を志願することを待っているのだ
グロスクロイツも勿論この情況に気付いているでしょう
これだけクラブ愛を持っているグロスクロイツがいじめと気付いて反発するのも分からないでもない
愛すればこその反発
残って欲しいけど去っていくのかな寂しい・・
ケルンでヨイッチと同僚になるとか考えたくもないです
[ 2015/08/01 08:24 ] [ 編集 ]
No title
満身創痍
負傷者を多くかかえ勝ちも少なくチームとサポーターは下を向く
そんな時に必ずチームを支える
居なければいけない漢

ハードワークする選手は沢山居るけれど、
こういう選手が求められ賞賛されるのは苦しい時だけ
[ 2015/08/01 10:16 ] [ 編集 ]
イングランドの庭の感じに似てますね、非常に素敵な庭です。
[ 2015/08/01 11:09 ] [ 編集 ]
No title
あんだけいろんなポジションで酷使させておいて怪我したらはいさよならかよ?
ここ一・二年本来のポジションで安定して使われたことなんて殆ど無いんじゃないか
[ 2015/08/01 13:01 ] [ 編集 ]
No title
信じられないことだが、グロクロが移籍したいのなら仕方ないね。
監督交代はサッカーにおいてすべてが変るに等しいことだし、異なる道を選ぶ機会でもある。
[ 2015/08/01 14:35 ] [ 編集 ]
No title
契約のことについてクラブの誰とも話してないって言ったんじゃなかった
[ 2015/08/01 17:04 ] [ 編集 ]
No title
ケルンは否定してますけどね
[ 2015/08/01 17:54 ] [ 編集 ]
No title
ドイツに戻られてから、次々と更新ありがとうございます。
もう少しのんびりしてくださいね…と思いつつ、
次はまだかまだかと楽しみにしています(笑)。

当事者でないので、本当の事が分からず、その点に関しては何も言えませんが…
マスコミの一部を切り取った煽り記事のようなものは、日本でなくてもやはり嫌な気分になります。
煽る、話しを盛る、なんて時は、嘘っぽく洒落っぽく、ネタ的にして欲しいです。
これが原因で話がこじれたり、関係が悪化したら…どーしてくれるんですか?!って感じですね。

高校野球でも、ベンチやスタンドにキャプテンやムードメーカーが居ることがありますが、
グロスクロイツもそんな感じ。
もちろん、プロの世界は…と言うのもありますが。
いずれにしても、本人達が嫌な思いをしないよう、外野は変な事しないで欲しいです。
[ 2015/08/01 18:22 ] [ 編集 ]
No title
レバの扱いもそうだけど、ここのフロントは立場
が有利なのをいいことに、陰湿なことを繰り返し
てるイメージ

ゲッツェに逃げられたのも自業自得な部分が
あったんじゃないか?
[ 2015/08/02 07:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。