Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ワールドカップの英雄!ゲッツェとシュルレをどこも欲しがらない理由!《ドイツメディアの反応》

【ビルト】

ゲッツェとシュルレ

ワールドカップの英雄をどこも欲しがらない理由!

gotegeo.jpg


あれは2014年、ワールドカップ決勝のアルゼンチン戦でのことだった。113分にアンドレ・シュルレが左からクロスを上げると、ゴール前にいたマリオ・ゲッツェがボールを胸でうけて、それからボールをゴールに叩き込んだのだ。ドイツが4回目となるワールドカップ優勝を成し遂げた瞬間だった。


スポンサーリンク


しかしそれから6年がたって、誰もこの二人を欲しがらない!



▶ゲッツェの場合:彼の契約はこの夏までとなっている。彼は契約を延長するつもりはない。彼は最近レザ・ファゼリという新たな代理人と契約したばかりだ。ビルトの情報によるとファゼリはイタリア、スペイン、イングランドに移籍先を探している。



しかしゲッツェをフリーで獲得することは可能となるが、彼には巨額の年俸を支払わなければならないとされている。そして外国のトップクラブがそうした金額でオファーする可能性は低いとみられている。


▶シュルレの場合:このサイドアタッカーのドルトムントでの契約は2021年までとなっている。彼はこれまでフルハムとモスクワに2度ローン移籍している。BVBには彼の使い道がないが、ビルトの情報によるとシュルレはドルトムントで契約を全うすることを望んでいるようだ。また次の夏になれば移籍先を探さなければならないと分かっているにも関わらず・・。



ミヒャエル・ツォルクはビルトに対して、“モスクワは買取オプションを行使しないと正式に伝えてきたよ。後はアンドレと個人的に話をするつもりだ。”と語っている。



ゲッツェとシュルレは6年前はドイツの英雄だった。しかし今は二人ともキャリアのどん底にいる。




以上です。


もう6年も経ちましたか。まあ冷静に考えれば、ワールドカップ後も長い間高いレベルで活躍してきたノイアー、ミュラー、フンメルス、ボアテン、クロースあたりのレギュラー陣とは違って、ゲッツェとシュルレは当時からサブメンバーでしたからね。この二人の評価はワールドカップのゴールでちょっと過剰に上がりすぎましたね。

[ 2020/04/21 15:50 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
ゲッツェは4大リーグは無理じゃないかな
Jリーグでも通用しないと思う
[ 2020/04/22 11:52 ] [ 編集 ]
使い物にならない癖に無駄に高い年俸。
ドルトムントを出たら大幅年俸ダウンかなー。
[ 2020/04/23 06:22 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。