Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

元ウルグアイ代表!W杯でスアレスが噛み付いた理由を明かす!《ドイツメディアの反応》

【スポーツビルト】

スキャンダルから6年

元ウルグアイキャプテン!スアレスが噛み付いた理由を明かす!

 Suarezer.jpg

2014年のワールドカップでウルグアイは、イングランド、イタリア、そしてコスタ・リカと死のグループで戦う事となった。そしてスアレスはグループリーグのイタリア戦で試合中キエッリーニに噛みついたのだ。


スポンサーリンク


彼はこの行為のためFIFAから9試合の出場停止処分に科される事となった。当時ウルグアイ代表のキャプテンを務めたディエゴ・ルガーノはこのスアレスの行動がチームを助けることになったと明かす。


“ルイスの行動はキエッリーニに精神的な動揺を与えたと思うよ。僕たちはその次のコーナーから得点したからね。”とルガーノは“デイリー・ミラー”において発言している。


ルガーノはスアレスがこのような行動をとった原因は、モチベーションが高まりすぎたためだったと語る。“彼は自分が出場停止になる事で、僕たちが死なないようにしようとしたんだ。彼は噛み付いたが、もしかしたら誰かを殺すことだってあったかもしれない。”とルガーノは語る。“彼はもう僕たちのミッションを成し遂げる事しか考えていなかったからね。”


スアレスとルガーノは7年間ウルグアイで一緒にプレーしている。ルガーノは2014年のワールドカップで引退しているが、このイタリア戦では負傷してベンチに座っているだけだった。


スアレスはこのワールドカップの後でリヴァプールからバルセロナに移籍している。ルガーノはこの噛みつきが移籍に大きな影響を与えると心配していたようだが、バルセロナにとってはそうではなかったようだ・・。


 


以上です。

スアレスもバルセロナに行ってからすっかり大人しくなってしまいましたね。ちょっと物足りなさを感じます・・・。

[ 2020/04/27 19:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
勝つためには歯をも使う男
バルセロナではメッシを信頼するあまり歯を使う事を忘れてしまった
[ 2020/04/28 08:27 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。