ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

モウリーニョ監督!「キャリアで唯一泣いたのはバイエルンに負けたとき!」《ドイツメディアの反応》

【ビルト】

バイエルン!モウリーニョを泣かせる

ジョゼ・モウリーニョが告白した。


mou.jpg

スペインのマルカ紙のインタビューにおいてこのポルトガル人はFCバイエルンとの対戦について語っている。現在トッテナムで監督を務める彼は、2011/12シーズン、レアル・マドリッドを率いてバイエルンと対戦し、敗れている。彼は当時を振り返り“監督をやってて泣いたのはあの時だけだね。”と語っている。



スポンサーリンク


レアルは準決勝のファーストレグでミュンヘンに1:2で敗れたが、セカンドレグでは2:1で勝利していた。その後試合はPK戦までもつれ込んだが、その結果バイエルンが決勝進出を果たしている。よりによってPK戦ではレアルの3人のスーパースターがPKを外してしまったのだ。


“クリスティアーノ、カカ、セルジョ・ラモスは3人ともサッカー界ではモンスターだが、やっぱり人間だ。”とモウリーニョは語る。“まあそれもサッカーの一部だよ。今でもその時の事を思い出すね。アイトール(助監督)と私は、車を自宅前に止めたんだけれど、その中で泣いたんだ。”と彼は明かした。

“あのシーズンは本当に最高だっただけにこの敗戦は特にハードなものだったね。”とモウリーニョは続ける。レアルはそのシーズン、リーガで100ポイントの新記録に加えて得失点差(121:32)で優勝している。



以上です。

あの頃のバイエルンは強かったですよね。2010年、2012年、2013年とCL決勝まで進んでいますからね・・。そしてCL決勝に進出したバイエルンを破って2冠を達成したドルトムントも強かったですね。




[ 2020/05/03 17:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。