ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川先発BVB、テストマッチに2:0で勝利!地元紙マッチレビュー



今日昼間にヴッパータールでレアル・ベティス・セヴィリアを相手にテストマッチを行ったドルトムントですが、今日はカメラが入らなかった事もあり、試合の様子を伝える映像はありませんでした。地元紙西ドイツアルゲマイネ新聞が簡単な試合のマッチレビューを掲載していましたので訳して紹介します。




201508020548335d1.jpg

ドルトムント: Weidenfeller - Kirch, Bender, Ginter, Stenzel - Leitner, Castro (73. Sarr) - Kampl, Kagawa (73. Sauerland), Blaszczykowski (46. Großkreutz) - Ramos (46. Dudziak)

セヴィリア: Adán - Varela, Figueras, Pezzella, Piccini - Ceballo (26. Portillo), Digard, Alfred (64. Fabian), van der Vaart (79. Rennella) - Castro, Molina

ゴール: 1:0 Ramos (36.), 2:0 Kirch (85.). 観客数: 11.434.  審判: Patrick Alt



テストマッチ

輝くことはなかったが手堅く勝利!BVBがベティス・セヴィリアを相手に2:0で勝利。


ボルシア・ドルトムントは大きく輝くことはなかったが、テストマッチを掌握していた。その中でも一人の選手に特別な拍手が送られた。

entry_img_502.jpg


ボルシア・ドルトムントは土曜日にヴッパータールでレアル・ベティス・セヴィリアを相手に90分のテストマッチを行い2:0で勝利した。ヴォルフスベルガーACとのヨーロッパリーグの予選2試合の間に、BVBはスペインの一部に昇格したチームを相手に、無理をしたくなかった事は当然理解できる。トーマス・トゥヘル監督は木曜日にクラーゲンフルト(注:先週試合が行われた場所)で先発したメンバー全員を家に残してきた。元ハンブルクのラファエル・ファン・デア・ファールトを擁するセビリアを相手にアドリアン・ラモス(36)とオリバー・キルヒ(85)がゴールを決めた。


そのためドルトムントのチームバスは空席が目立った。この前の木曜日に試合に出場した選手ではゴンザロ・カストロ、香川真司、そしてケヴィン・カンプルだけが同行した。負傷中のズボティッチとドゥルムも同様にドルトムントに残った。その代わり、長い間負傷していたアドリアン・ラモスがセビリアを相手にスタメンで出場した。また最近、自分の不満で誤解を招いたケヴィン・グロースクロイツが後半から出場したドルトムントのファンに大歓声で迎えられた。


センターバックのベンダーとギンターはほとんど仕事なし


ヨーロッパリーグ予選の二つの試合の間に組まれた、スポーツ面であまり意味を置かない試合でドルトムントは手堅いパフォーマンスを見せたが、輝くこともなかった。何よりもセンターバックのベンダーとギンターがほとんど仕事のない午後を過ごすことになった。開始6分にはカストロがフリーキックを惜しくもゴール上にはずし、13分にはブラシコフスキーにもう少しで先制となる大チャンスが訪れた。線審が彼の明らかなオフサイドを見逃していたのだが、このポーランド人はセヴィリアのゴールキーパーをかわし、ボールはそのままゴールポスト右へとそれてしまった。


20分間はシュートも弱く、集中力もなかったため、あまりうまくいっていなかった。しかしながら前半でもっとも良いコンビネーションが先制点へとつながった。モリッツ・ライトナーがブラシコフスキーとのワンタッチパス交換からアドリアンラモスへ縦パスを入れ、ラモスが反転してゴールを決めた。その後ライトナーが40分に訪れた2:0となる決定的なチャンスを外したが、その場面ではカンプルも無人のゴールにシュートを打つこともできただろう。

スポンサーリンク


201508020548365fd.jpg


ザールがライン上でボールをクリア


前半のほとんどが守備的で、技術的にもあまり優れていなかったスペインは、より攻撃的になって控室から戻ってきた。ファン・デア・ファールトが今度の木曜日にゴールを守るとされているヴァイデンフェラーを2度も試し(55.63.)、70分にはピッチーニが短い距離からのシュートを外した。終盤にはやられてしまったヴァイデンフェラーに代わってザールがライン上でボールをクリアした。


ドルトムントの攻撃は後半に入ってから全くと言って良いほど見ることができなかった。後半から出場したグロースクロイツとドゥツィアーク(注:ラモスに代わってワントップ)の横で香川とカンプルがひどく(無駄に)苦労していた。トーマス・トゥヘルと11434人の観客は、85分にようやく見応えのあるシーンを見ることができた。ライトナーがキルヒをアシストし、この前に出てきた左サイドバック(注:キルヒ)がキーパーアダンの下を通してゴールし、2:0とした。


【ルーア・ナッハリヒテン】より試合評


香川にがっかり

右サイドのヤコブ・ブラシコフスキーとカストロの隣で8番としてプレーしたライトナーが印象を残した。香川真司は70分間10番のポジションでプレーしたが全く印象に残らなかった。

201508020548322de.jpg






以上です。


今日は久しぶりに試合に出たクバやラモス、ライトナー達が結果を残したようですね。カストロや香川選手にとってはどちらかと言えば見せ場のないテストマッチになってしまったようです。ルーアナッハリヒテンでは“香川にがっかり”と批判されていました。


今回のテストマッチがどのような計画の下で組まれたのか分かりませんが、今日久々に出番があり、自分のポジションで出場できた選手を除いてはあんまり収穫がなかったようですね。来週は公式戦が2試合ありますから、休んだほうが良かったように思いますが・・・。


しかしテストマッチとは言え、マッチレビューが載り、良くも悪くも書かれるというのはプロも中々大変なものですね。

木曜日と土曜日の試合では先発メンバーを変えてくる可能性が高いと思いますが、その中で誰が2試合続けて試合に出るのかが気になる所ですね。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_0554.jpg

夏のボーデン湖
ワイン畑に挟まれてまっすぐ湖へ続く道
湿度が低くとても過ごしやすかった記憶があります。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/08/02 06:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(29)
No title
動画ないから何も言えないわw
[ 2015/08/02 07:24 ] [ 編集 ]
No title
中二日で試合じゃ香川も疲れきってただろ
[ 2015/08/02 07:37 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘルとモイーズが重なって見えますね。
香川だけでなく選手の使い方を理解していないような気がします。
理不尽な外され方をした選手は納得していないでしょうね。

昨シーズン(悪い時の)の繰り返し、無意味なPSMなどなど
監督が変われば起こり得る事ですがそれならば選手への批判はお門違いです。
[ 2015/08/02 08:28 ] [ 編集 ]
No title
ラモスが得点したのはなによりでした
CFが懸念材料のドルトムントですからね〜

しかし選手の評価は試合を見て自ら判断したいもんですね、放送がないというのはどうにもやきもきします
[ 2015/08/02 08:37 ] [ 編集 ]
なんだか、控え組の練習試合に出ていたようで、今後が不安です…
現地の反応はどんな感じなんでしょ??
[ 2015/08/02 09:47 ] [ 編集 ]
貴重なアピールチャンスだけに残念ですね。
疲れもあると思いますが…
[ 2015/08/02 09:55 ] [ 編集 ]
流したな香川…カストロ…(笑)
[ 2015/08/02 10:22 ] [ 編集 ]
小規模な親善試合って印象のわりに、
1万人も入ってるのか…すごいな
[ 2015/08/02 11:24 ] [ 編集 ]
香川にがっかりと言われてもね。香川やカストロにとっては罰ゲームみたいなものでしよう。トゥヘルも考えて欲しいよね。香川も調子が良くないならドゥルムやスボのように休む勇気も必要だと思う。無理しても結果が出なければ逆効果なんだから。

それにしてもここ数年は開幕時はコンディション悪いね。オフもゆっくり休めてないのもあるかな。まあなんやかんやでいつも盛り返しては来るのでファンは焦らず待つしかない。

ドイツは早く夏が来るけど秋も早いですね。
この日本の暑さでAマドリーの選手たちも佐賀で大変だったみたいですからドルは早めに来日して良かったですよ。
[ 2015/08/02 11:32 ] [ 編集 ]
No title
この3,4試合良いとこがないな、ボールが足についてない印象でトラップミス、パスミスが目立つ
ムヒタリアンは当分スタメンの座を確保したように思うから、二列目の残り一枠をカンプル、ホフマン、クバと争う形だね
ハッキリ言って自分が監督でも今の香川を使いたい理由が少ない。
[ 2015/08/02 12:10 ] [ 編集 ]
No title
試合内容がよくなかったみたいですが、日本語で本人のインタビューを読みましたが、凄く落ち着いていたので、単にカストロと同時交代で、追い込んでてコンディションを上げてる最中かな?と思いました。

ただ、本人のインタビューを淡々と載せてある記事から、ドラマ仕立てにした記事を見てげんなりしましたが。あのインタビューからこのでこのドラマ仕立ての記事になるのか、という事実を目にするとどっと疲れがますね。アスリートなので淡々と記事を上げた方が売れると思うんですけど。
[ 2015/08/02 12:36 ] [ 編集 ]
マッチレビューの貴重な訳をありがとうございます。
クーバ、ラモス、ライトナーが見せ場をつくり嬉しいです、グロースクロイツも久しぶりに出て、とにかく次に繋げてほしいと思いました。
香川はもちろん、皆これからです。

管理人さん、新シーズンもよろしくお願いいたします。
葡萄の花も見られるのでしょうか、秋が楽しみですね。
[ 2015/08/02 13:54 ] [ 編集 ]
予選のメンバーもベストじゃないしまだPSMの延長線上じゃないかな
ムヒ、ロイス、香川を軸に考えてそうだけどね。
オバメとギュンがあまり使われなくなりそう。
ヴァイグル香川ロイスラインに期待したいな。
[ 2015/08/02 14:57 ] [ 編集 ]
No title
コメント欄で怪しい人がファンを装ってネガキャンしてますね。
この数試合でも香川が良かったシーンはいくつもあるというのに。
[ 2015/08/02 15:10 ] [ 編集 ]
No title
ネガティブコメント多いけど、逆にカストロと香川は手厚く準備されてるなあ、と思うけどな。

ELはCLじゃない。ユナイテッドはファーガソンの時からCLと違ってELは露骨に若手を使って手抜きやらかしてたし、モイーズの時でもE圏L取るくらいなら、逃すような露骨な姿勢を見せてた。
カストロはもCL圏のレバークーゼンから移籍。

ずっとドルトムントならビッグクラブから見たELの価値観とか解らないけど、カストロ、香川がもしEL予選からでたらCL予選ならまだしもEL予選からでるのかよって見られるんだよね。
ユーベもプレシーズンは毎年ひどいって知ってる人は知ってるけど、若手とかにはビッグチーム。

あのコメントの落ち着きようを見るとEL予選に香川、カストロをさしおいて若手とか使うことで若手もクラブから大事にされてると思うし、香川とカストロもセットにしてEL予選に出さないことで大事に扱われてるって思うから、それだけのことだと思うんだけど。
[ 2015/08/02 15:26 ] [ 編集 ]
まぁ、自分はもっとドリブルやターンやらもっと積極性が欲しいなとはずっと思ってますね。香川のクォリティの高さを知ってるだけに、もっとエゴを出して欲しい。
香川自身もこの前テレビで、以前の良い時のイメージはしっかり持ってるんだけど、体の方が追いつかないみたいなこと、言ってました。(過去の香川と現在の香川のプレースタイルそのものを比べてる訳ではなく、マンu2年目からの2シーズン間になぜしっかりとした結果を残せなかったのかについてです)
ただ、ムヒタリアンやギュンドアンの危険なロストを見ると、スタメン確実で使われるほどか⁈とは客観的にみても思いますね。
だから、自分はまだスタメンは固定していないと思いたいです。
[ 2015/08/02 15:59 ] [ 編集 ]
開幕戦はオボメロイスミキは確定ぽい。あと1枠を一体何人で競うのやら。どちらにしてもロイスをトップ下に置くのなら香川にはノーチャンスでベンチからスタートになる。まあ救いはロイスがトップ下だと黒子になりシュートもままならず勿体ない事。どう考えてもトップ下は香川だよね。ロイスとの連携も一番良い。なのに何故スタメンで同時に使わないのか、この疑問を日本の香川ファンは抱いてます。手の内を見せたくないのかまだテスト中なのか。
ドルの香川ファンはどう考えてるのかな。
[ 2015/08/02 18:11 ] [ 編集 ]
No title
流石に日程や疲労、メンバーを考えて…こんなもんでしょう。
カストロと組んでるのも興味深いです。
ギュンドアンは好きですが、相性やプレイを考えると、今はこの方が良いのかな、と。
少なくともブンデス開幕までは、トゥヘルの考えが全く分かりません(笑)
ケガなくコンディションを上げていけば、今シーズンの香川選手はやってくれると思います
管理人さん、きっと忙しくなると思いますよ(笑)
[ 2015/08/02 18:37 ] [ 編集 ]
No title
オリバー・キルヒ(85)?
[ 2015/08/02 19:06 ] [ 編集 ]
トゥヘルの選手起用も公式戦直前から分かりやすくなったね
公式戦直前のユベ戦で今までごちゃ混ぜにしてた先発を確定させて、そのまま公式戦もそのメンバー
先発組みから外れはしたけど、香川とカストロは準先発枠だね
でもアピールすべきこのタイミングで3試合連続で不調ってのはなぁ
[ 2015/08/02 19:45 ] [ 編集 ]
No title
そもそもアジアツアーから結果を出してきた香川をこういう使いかたするか分かりません
ユベントス戦の前の膝を捻ったことで様子見のベンチは納得できますが
ユベントス戦の前2試合でロストしたムヒが先発とか
どう考えて納得できません
プレイスタイルの好みなんでしょうか?それとも・・
[ 2015/08/02 19:54 ] [ 編集 ]
No title
カストロってトゥヘルが獲得したんじゃなかったのか?
CLのあるレバークーゼン(昨シーズンも部門別の評価で1位だった選手でしょ?)からCLのないドルトムントに来てこの扱われ方はかなり不憫ですよね
まさかのギュンドアン残留でポジション争いも熾烈になったけど、ギュンドアンが長期でこのクラブにいたいというコメントを聞いて先発契約したのかなと思いました
何か後ろでいろいろありそうですね
[ 2015/08/02 20:14 ] [ 編集 ]
No title
問題はロイスにあるんだと思います。おそらく左サイドはムヒが獲る事になったんでは?トゥヘルは最初ロイスをトップにしようとしたけど、ロイスが拒否したのかその後サイドをやってました。で、ホフマンがトップやるとか微妙なフォーメーションが見られたのかと、でもサイドはムヒが落ち着きそうなんで、やりたいポジションを聞いてロイスはトップ下と言ったのでしょう、今試されてるんだと思います。同じようにギュンドアンも試されているように思います。
PSMの出来はどう見ても香川は悪くない、ヴォルフス戦みても以前よりも香川にボールが集まるようになってきてます。トゥヘルはちゃんと修正してきてます。 ELやDFBの予選から有名な選手(カストロ&香川)を入れる必要はありませんし、下部相手は若手有望選手を使って勝てるならその方がいいでしょう。
だからリーグ開幕のスタメンがどうなるかが重要ではないかと思います。香川もリーグが重要と言ってますし、開幕に向けて調整してると言ってます。それに万が一調子を落としてスタメン出られなくても香川は簡単には負けませんよ。アジア杯のPK失敗のどん底から復活して良い形でシーズンを終えましたからね。
彼を信じて応援しましょう!
[ 2015/08/02 21:26 ] [ 編集 ]
No title
左サイドにロイスではなくミキを置くメリットが分かりません。確かにミキは右より断然左ですが、ロイスとは決定力が違い過ぎます。トップ下のロイスは直近2試合でシュート数0でしたし、ロイスとオバメを縦に並べても香川とオバメのときほど機能していませんでした。昨季チーム内得点1位、2位の攻撃力を犠牲にしてまで、ミキ左、ロイストップ下にこだわる意味があるんでしょうか? ロイスよりミキが優遇されているようで、なんだか納得できません…。
[ 2015/08/03 00:14 ] [ 編集 ]
あくまで私的な意見ですがトゥヘルはロイスは
絶対に使いたい(もちろん能力があるしスターでもある)、ミキも使いたい(ミキは左サイドでこそ活きる)となると本来であれば左サイドはロイスとミキの争いになるはず。
両選手使いたいからロイスのトップ下って気がする。
だけどロイスのトップ下だとロイスの良さが消えてしまうしオーバメも消えてしまうように感じました。
私の勝手な考えなのでなんとも言えませんが。

[ 2015/08/03 00:54 ] [ 編集 ]
No title
香川はポジションを一つしかできないから、PSMでは出番が少なくなるんでしょう。前線でもロイス、ムヒは2か所以上試す必要がある(ロイス:トップ、左サイド、トップ下)から、たくさん試合に出れるんです。オバメもラモスがけがをしてなかったら、出番はもっと少なかったと思います。
このベティス戦は、ラモスとクバのリハビリ目的です。レギュラー争いと関係ないから、テレビを入れなかったし、日程も厳しかったんです。正当な評価にならないですからね。
ロイストップ下はいまいちだったと思います。攻撃に変化をつけられなかったから、サイドに追い込んでロストさせられてましたよね。ロストの位置が高かったから、失点に結びつかなかっただけだと思います。香川のほうが、攻撃自体はバラエティに富んでて効果的だったと思います。
[ 2015/08/03 01:37 ] [ 編集 ]
サイドは人数が多いのでテストしまくってるって事でしょうか。そして香川はトップ下決定なので出番が少ないのか。少なくともトゥヘルがサイド攻撃に力を入れてるようですから。でもトップ下は影が薄くなるという。ロイスがもしトップ下を望んでいたとしても今はサイドの方が良いと思ってるのではないかと。
[ 2015/08/03 06:54 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘルが前年のCL準優勝クラブであるユベントスに勝ったことでかなりの自身を持ったように思います
ドイツメディアも強豪ユベントスに勝ったドルトムントの攻撃を事細かに分析してたようですが
どのメディアもユベントスが10日ほど前にようやく始動したことに加え初の公式戦だったことに触れていません
あの試合を最高の試合だったと認識しているならかなり危ういですね
[ 2015/08/03 09:44 ] [ 編集 ]
No title
元々ドルではフル出場する選手じゃないし、とはいえ70分までの男から70分からの男になってしまうのは残念だね。オナドリアンとの競争頑張ってほしいよ
[ 2015/08/03 14:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。