Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!ドイツ代表のシュルツを放出か?《ドイツの反応》

【ビルト】

シュルツ!ドイツ代表から不安の種に!

シュルツ!ドルトムントで失敗するかもしれない・・。

schulz.jpg


代表から不安の種へと急降下。シュルツは昨年夏左サイドとして2550万ユーロでドルトムントに移籍してきた。しかしその10か月後、シュルツは放出間近となっている。


スポンサーリンク


ビルトの情報によるとドルトムントは適正なオファーがあればシュルツをこの夏放出する用意があるようだ。


でもいったいどうしてこうなったのだろうか?


▶リーガ25試合でたった8試合だ。後半戦は一度もプレーしていない。シュルツはルシアン・ファヴレ監督の下で行き止まりにぶち当たってしまった。またしても・・・


この二人はすでに2015年にグラートバッハで一緒に仕事をしている。当時ファヴレは彼を4試合で20分しか起用しなかったが、これはドルトムントでも続く事となったのだ。



▶ファヴレは今シーズンの第3節のケルン戦(3:1)の後で、彼をベンチに送っている。不甲斐ないパフォーマンスが原因だ。


▶その後、シュルツは4週間負傷離脱している。9月の代表戦で負傷してしまったのだ。


▶ドルトムントは11月に343へとシステムを変更するが、それもシュルツにとっては追い風とはならなかった。


昨シーズン、シュルツはホッフェンハイムで111本ものクロスをあげており、これはリーガ3位の数字だった。さらにシュルツは1ゴール6アシストも記録している。しかし今シーズンはこのような姿は見られない。今シーズンの数字は1ゴール0アシスト9クロスだ。9本のクロスは一本もシュートにつながらなかった。


シュルツを守るのは、後半戦での爆発だけだ。




以上です。

まあ怪我があったとは言えこれはちょっと残念ですよね。シュルツはドイツ代表とは言え、それほど長い間定着しているわけでもないので、長期的に活躍できるかどうかは未知数な部分もありましたから、こういう事もあるでしょう。

何度もベンチに下げられたゲレイロは、起用されたポジションで結果を出していますからね。そのポジション争いを制しない限り難しいでしょう。

[ 2020/05/07 16:17 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
そもそも、スカッド多過ぎとかいってし、サイドバック何人もいるのに、なんで獲ったのか意味不明。
当面はお金の無駄遣いはできないよ。
[ 2020/05/07 17:11 ] [ 編集 ]
ゲレイロが調子上げましたからね
シュルツは確かに速いけどゲレイロの方ができることは多い
[ 2020/05/07 19:58 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。