Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ブンデスリーガ!再開決定もドレスデンの選手がコロナに感染しチームは2週間の隔離へ!

【ビルト】

ディナモ!2週間の隔離!

dresdeng.jpg


リーガはまだ再開していないのに、恐れていた事態が訪れた。チーム全員が隔離される事態となったのだ。

2部のディナモ・ドレスデンは土曜日に二人の選手が3度目のテストコロナで陽性となった事を発表した。すでに最初のテストで一人陽性となっていたため、ドレスデンの健康省はチーム全員を2週間隔離する事を決めている。


スポンサーリンク


ドレスデンは、来週ハノーファーと対戦することが決まっていたが、それが実現しない事となった。


ドイツサッカー協会会長のザイフェルトはZDF放送の、これで今後の計画がだめになってしまうか、という質問に対し、“現時点ではそうはならない。これが意味する事はディナモ・ドレスデンの2試合が行われないという事だ。これには81人の選手が関わる事になる。これからどうなるか見ていくことになるだろう。”と語っている。このような状況にも関わらず、再開を強行する予定のようだ。


しかしドレスデンが27節のヒュルト戦(5月22日~)と28節のビーレフェルト戦でプレーする事は非常に難しい。


さらに30節のシュトゥットガルト戦(5月29日~)でも難しいだろう。他のチームは3週間もトレーニングをしているのに対して、ドレスデンは1週間しかトレーニングしていない事になる。


ドレスデンでは5月3日に陽性が判明した選手を隔離していた。その後4日に選手全員を検査したところネガティブだったが、金曜日のテストでさらに二人の陽性が判明していた。

※後略



以上です。


ドレスデンの選手内で感染が広がってしまったようですね。これでチーム全員が隔離となりましたが、他のチームの誰かがコロナに感染した場合、今後もこのようになる可能性が広がりましたね。

再開してもまた中断の可能性は大いにありそうです。



[ 2020/05/10 18:32 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
 一人感染者が出る度にチーム全体を隔離するような状態では、リーグ再開は難しい。再開後に必ず感染者はでます。風邪ひくのと同様に当たり前に感染するものだし、PCR検査は精度が低く偽陽性や偽陰性が多くて調査研究目的以外では意味がない。免疫検査は気休めにもならない。

 感染者が出てもある程度は強行していく覚悟がないと、リーグ再開は無理だと思います。
[ 2020/05/10 18:54 ] [ 編集 ]
サッカーは試合中必ず濃厚接触が有るスポーツだし、肺活量もかなり増える。つまり感染しやすいスポーツだ。更に肺活量増えると肺の奥まで簡単にウィルスが入り込み易く、発症すると例え完治しても肺や生殖機能等に後遺症残るという論文も有る。

選手にそんなリスクを負わせる事は人道的に出来ないね。やはり一人でも出たらチーム全体隔離。これが現在はベスト。
更に定期的なPCR検査は欠かせない。そこ迄やっても再開したいなら出来るのがブンデスで有りリーガエスパニョーラ。
残念ながらJリーグは全員検査は出来ないので再開の目処が立ってない。ドイツやスペインよりも感染者少ない日本で再開出来ない理由だよ。村井チェアマンも悩んでいた。
[ 2020/05/12 09:26 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。