Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

M・シティ!イルカイ・ギュンドガンが選ぶベスト・イレブンとは?

【スポーツビルト】

これがドリーム・イレブンだ!

gundogan3.jpg


ギュンドガンは多くの若き選手のお手本となっている。このドイツ代表選手は、スポーツビルトにおいてドリーム・イレブンを明かしている。


驚くべきことに、ビュンドガンが選んだキーパーはドイツ人ではなかった。ドイツからはこれまでマニュエル・ノイアーやオリバー・カーンのように何人ものワールドクラスのキーパーが誕生しているにもかかわらずである。

スポンサーリンク


ギュンドガンが選んだキーパーはクラウディオ・タファレルだ。


“彼は90年代のブラジル代表のキーパーだったね。当時のチームは信じられなかったけれど、その後ろにいたのが彼だ。”とギュンドガンは語っている。“それに加えてタファレルはUEFAカップでガラタサライが優勝した時は素晴らしかったよ。ガラタサライの試合は子供の頃よく見ていたんだ。”


ギュンドガンの両親はトルコ出身だ。タファレルが1998年にアトレティコ・ミネイロからガラタサライへと移籍したが、当時ギュンドガンはシャルケのユースに入ったばかりだった。


ギュンドガンが選んだドリームチームには二人の現役選手が入っている。そのうちの一人が右サイドバックのダニ・アルヴェスだ。この37歳のブラジル人は現在故郷のサン・パオロでプレーしている。彼は2008年から2016年までバルセロナでプレーしチャンピオンズリーグに3度優勝している。


アルヴェスはこのタイトルをリオネル・メッシと共に獲得したが、このアルゼンチン人のスーパー・スターもギュンドガンのベスト・イレブンに入っている。


このイレブンに入った唯一のドイツ人が、元バイエルンのフィリップ・ラームだ。“右だろうが、左だろうが、フィリップは何年にもわたって世界最高のサイドバックだった。本当にミスは少なく、ボールの扱いは抜群だったよ。”とギュンドガンは語る。


彼が選らんだセンターバックはパオロ・マルディーニとアレッサンドロ・ネスタの二人のイタリア人だ。彼らは二人合わせてACミランで1227試合でプレーしている。



プレーメーカーのギュンドガンが選んだミッドフィルダーはバルサのレジェンド、シャビだ。“6番のポジションで信じられないぐらい継続的にパフォーマンを発揮しているね。僕が覚えている限り、彼以上はいないよ。”とギュンドガンは熱く語る。


さらに彼が感激したがブラジルの元10番のカカだ。“彼は常に僕のお手本だったね。彼のトリックを何度もまねようとしたよ。”とギュンドガンは明かす。さらに現在レアル・マドリッドの監督を務めるジダンもドリーム・イレブンに選ばれている。



メッシと共に選ばれた攻撃の選手は偉大なスター達だ。ロナルドとロナウジーニョの二人は2002年にワールドカップで優勝している。ギュンドガンはロナルドについて、“もし怪我がなければいったい何度バロンドールを獲得したかわからないね。”と語っている。

さらにギュンドガンはロナウジーニョも絶賛している。“彼のベストの時期は、最も天才的なサッカー選手だったね。彼以降、スタジアムの観客をあれだけ沸かせられた選手はいないよ。ボールの魔術師だよ。”と彼は語った。


ギュンドガンのドリーム・イレブン
タファレル
アルヴェス、ネスタ、マンディーニ、ラーム
シャビ、ジダン、カカ
メッシ、ロナルド、ロナウジーニョ



以上です。

ギュンドガンはブラジル人のようなテクニシャンが好きだというのはなるほどという感じがしますね。



[ 2020/05/16 04:01 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。