ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!ウニオンに2:0で勝利し首位キープ!木登り観戦のファンが捕まる場面も!

【ビルト】

木登りファン!バイエルンの勝利を観戦!

baumgg.jpg

週末に行われた試合を二人のファンが木の上から観戦した。これは規則違反だ!


バイエルンはウニオンと対戦し2:0で勝利したが、二人のファンが木の上から観戦したのだ。


ウニオン対バイエルンの試合を観戦するために、試合開始後、二人のファンが12メートルの高さの木によじ登ったのだ。


スポンサーリンク



彼らはほんの少しの間、この木の上からの眺めを楽しんでいたが、それほど長くは続かなかった。こういう場合に備えて400人の警察官がスタジアムの周辺に待機していたからだ。警察官はこの二人を木から降ろしている。



警察の広報担当者は、“彼らは身元確認のために連行された。”と語っている。


しかし、罪に問われるまでは行かなかったようだ。警察官は最終的に、その場から立ち去るように指示しただけだ。


そのためサッカーは計画通り観客なしで続けられることとなった。



ウニオンは勇敢な立ち上がりを見せる。ビュルターとウジャーがチャンスを得たのだ。18分にはグナブリーのヘディングからミュラーがゴール下かに見えたが、そのゴールは認められなかった。


その後の開始40分、ゴレツカがペナルティーエリア内でズボティチにファールされる。ズボティチはボールをクリアしたがったが、選手を蹴ってしまったのだ。このPKをレヴァンドフスキーが決めて1:0としている。


その後はバイエルンが試合をコントロールする。80分にはパヴァールがヘディングでゴールを決めて2:0としている。これはキミッヒのコーナーからだ。


ノイアーは試合後、“試合を圧倒できたこと、そして3ポイント獲得できたことは嬉しいね。”と語っている。






以上です。

バイエルンとドルトムントの差は4ポイント差のままですね。5月26日に直接対決がありますが、楽しみです。



[ 2020/05/18 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。