ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

鎌田フランクフルト!1:3で敗れる!!元独代表マテウスは降格の可能性に言及!

【ビルト】

“降格争いもあるよ”

マテウス!アイントラハトが降格する可能性に言及!

mattaus.jpg


アイントラハトは16位まで5ポイントしか離れていない。それに加えて延期されていたブレーメン戦もある。フランクフルトはグラートバッハに1:3で敗れたが、ワールドカップ優勝者のローター・マテウスにとってアイントラハトは降格候補だ。

スポンサーリンク


“アイントラハトは降格にそなえて対処しなければならない。彼らはそこまでは考えていなかったみたいだね。だけどそうならないように注意しなければならないよ。場合によってはアイントラハトが降格圏で争う事は十分にあるね。”とマテウスはスカイにおいて語っている。



フランクフルトのSDフレディ・ボビッチは“我々はまだそこまで悪くはないよ。”と外に向けて語ったが、不安は大きくなるばかりだ。アディ・ヒュッター監督は“今の状況がどんなものかは分かっている。嫌な感じだね。”と語っている。



アイントラハトに欠けているのはストライカーだ。アンドレ・シルヴァが途中からプレーしドストの隣でプレーするようになってからようやくフランクフルトの攻撃が機能してきた。その後シルヴァは同点ゴールをあげている。


しかしヒュッターにとって2トップ起用は難しいだろう。なぜならパシエンシアが負傷した今、ストライカーは後二人しかいないのだ。“短期間で沢山の試合があるからね。注意しないといけないよ。二人が今負傷していないのが本当に嬉しいよ。”とヒュッターは語っている。


今シーズンになってからヒュッターはストライカー不足に悩んでいる。ドストが負傷したかと思えば、シルヴァだ。そして今はパシエンシア。この3人が同時期に健康だったことはないのだ。さらに最善の組み合わせもまだ試せていない。


それとまったく違うのがグラートバッハだ。“彼らにはトゥラム、プレア、エンボロがいるね。”とマテウスは語る。“フランクフルトにはアレ―ル、レビッチ、ヨヴィッチがいたけれど今はいない。一方は失ってしまったが、一方は獲得している。”とマテウスは語る。


ヒュッターはドストかシルヴァを鎌田やガチノヴィッチらミッドフィルダーと組み合わせようとしているが、それが機能したのは一度だけだ。5:0で勝利したアウグスブルク戦ではシルヴァとガチノヴィチがプレーしている。





以上です。

フランクフルトは後半に入ってから3バックから4バックに修正し、うまくいくようにもみえましたが、まだ苦労していますね。ヨーロッパリーグで得点力を示している鎌田選手のブンデスゴールに期待したいですね。



[ 2020/05/18 18:09 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。