Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

独紙「フランクフルトは3バックに戻すべき!長谷部を起用しないのは理解できない!」

【フスバールニュース】

ヒュッター監督が3バックに戻すべき理由!


hasebe 111

フランクフルトは、グラートバッハに1:3で敗れたが、これがアラームを引き起こすこととなっている。チームはリーガがコロナで中断される前の弱々しさを引き続き露呈してしまったのだ。ヒュッター監督はシステムの変更を考えるべきだろう。


スポンサーリンク


フランクフルトにとって2020年は良い始まりとなった。ヒュッター監督はアメリカで4バックを練習し、早くもそれが効果を表したのだ。チームは非常にコンパクトに守り、相手に多くのチャンスを与えることが無くなったのだ。最初の4試合で12ポイントのうち10ポイントも獲得している。さらにポカールではライプツィヒに3:1で勝利し、さらにブレーメンに2:0で勝利している。ヨーロッパリーグでもザルツブルクに勝利しており、ヒュッターはチームを安定させたかに見えた。


しかしコロナで中断となった後で、それは見る影もなくなってしまった。アイントラハトは1:3でグラートバッハに敗れてしまったのだ。そこで一つの疑問が頭をよぎる。もしかしたら3バックだったらうまく行っていたのではないだろうか?はっきりしていることは、このフォーメーションでアイントラハトは昨年大きな成功を収めていたことだ。フランクフルトの4バックは、コロナの中断の間に当然ながら練習する事が出来なかった。そのため連携がいまいちだったのだ。再開前の1週間のトレーニングは少なすぎるのだ。



長谷部には居場所が必要


この試合で長谷部を起用しなかったことを理解するのは難しい。“私には考えがある。”とヒュッター監督は語っているが、確かに36歳の長谷部にはエンボロやトゥラムと競り合うにはスピードが足りないかもしれない。しかし彼は危険が来る前に予測する事が出来るのだ。さらに組み立てや経験はこのように個人のクオリティーを必要とする場面では非常に重要だ。フランクフルトで長谷部のように試合に統率をもたらすことがで、さらに落ち着きをもたらすことができる選手はほとんどいない。フランクフルトが一番良かったのは、試合終盤に長谷部がプレーしてからだ。長谷部だったら勢いのあるグラートバッハのストライカー達を相手に特別なクオリティーを見せてくれただろう。



後略





記事ではこれ以外にもサイドバックにも言及されていましたが、ちょっと長かったので長谷部選手の部分を中心に紹介しました。

長谷部選手に対する期待の高さがうかがえますね。また3バックに戻してくれると管理人としても嬉しいですが・・・。





[ 2020/05/19 06:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(1)
長谷部がどうこうというより、前の三枚がいまだに決まらないので、後ろ一枚減らしてみんなで攻撃ということなんだと思うけどね。バランスは度外視してもいいという判断なんだろうな。まあ、これがハマったらバイエルン戦みたくなるけどな。メガクラブでも軽く粉砕みたいな。
とはいえ、リーガはお尻に火がついているので、そろそろ勝ちに行ったほうがいいとも思うけどね。
前にもいったけど、なんなら、長谷部を前で使えばいい。どんなケースでもボールをキチンとゴール前に持っていってくれるよ。
[ 2020/05/19 17:29 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。