Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

大迫途中出場のブレーメン!レヴァークーゼンに1:4の完敗!最下位と1ポイント差!

【ビルト】

ハヴェルツが2度のヘディング!

osakott.jpg


ヴェルダーはレヴァークーゼンとの無観客試合で、完敗してしまった。1:4で敗れたのだ。ブレーメンはなによりクロスに対する守備がもろく、さらにポジショニングによるミスからヘディングゴールを3度も決められている。


スポンサーリンク


レヴァークーゼンは力強いパフォーマンスをみせたが、エンジンがかかるのには時間がかかった。しかしハヴェルツだ!


28分:サイドのダイアビがブレーメンのフリードルを交わしてハヴェルツに完璧なクロスを送る。このドイツ代表選手がそれをヘディングで決めて1:0だ。


しかしその2分後にヴェルダーもやり返す。ゼラシーがビッテンコートのコーナーからゴールを決めたのだ。これにはブレーメンも喜んだが、その後ブレーメンのセットプレーに対する脆さが明らかとなっている・・・。


デミルベイがフリーキックを蹴ると、またしてもハヴェルツがヘディングで決めたのだ(33分)。ヴェルナーはコロナ仕様だ。お利口さんにハヴェルツとの距離を取っていたのだ。ハヴェルツがヘディングするのになんの問題もなかった。



ハヴェルツにとってはヘディングでドッペルパックを達成したのは初めての事だ。一方ブレーメンにとってはこれが、今シーズンセットプレー18失点目となった。



61分:今度はダイアビがヴァイザーにクロスを送ると、それを決めて3:1だ。ブレーメンはまたしても傍観者となっていた。そして78分にはデミルベイが決めて試合は決まった。



この試合ではレヴァークーゼンのタレントフロリアン・ヴィルツがクラブ史上最年少となる17歳と15日でデビューを飾ったが、ハヴェルツがそのショーを奪ってしまった。ちなみにハヴェルツは2016年に17歳と126日でデビューを飾っていた。


ブンデスリーガでヴィルツよりも若いデビューを飾ったのは、ヌリ・シャヒン(16歳と11か月1日)とヤン・アウレル・ビッセク(16歳と11か月28日)だけだ。


いずれにせよこの試合後レヴァークーゼンはライプツィヒ1ポイント差まで迫っている。次の試合でグラートバッハでのポイントは大きなポイントとなるだろう。一方ブレーメンは?残留したいのであれば、目を覚まさないといけない・・・。




以上です。

数年前までは毎年残留争いをしていましたが、コーフェルトが来てからそれを抜け出したかと思ったんですけどね・・。まだ1試合少ないですが、入れ替え圏(16位)のデュッセルドルフとはすでに5ポイントも離されており、残留は厳しそうな感じですね。



[ 2020/05/19 18:02 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。