ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!ノイアーとの契約を2023年まで延長!

【ビルト】

バイエルンファンに良いニュース!

マニュエル・ノイアーが2023年まで契約延長!



マニュエル・ノイアーがバイエルンでの契約を2023年まで延長した!

Manuel-Neuer-FC-Bayern.jpg


バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲは“FCバイエルンはマニュエルの契約を2023年6月30日まで延長出来て幸せだ。マニュエルは世界最高のキーパーであり我々のキャプテンだ。”と語っている。

スポンサーリンク


ルンメニゲは先週末、ノイアーが近いうちに契約延長にサインするだろうと楽観的な発言をしていた。今日スポーツビルトは契約延長がほぼ決まった事を報道していたが、その数時間後にクラブが発表している。


マニュエル・ノイアー:“コロナで中断している間に決断したくはなかった。この先どうなるのか誰にも分らなかったからね。それに加えてこれからもキーパーコーチであるトーニ・タパロヴィチと一緒に仕事ができる事も重要だった。今ではそれもはっきりしているから、これからの将来は明るいと思っている。バイエルンは居心地が良いし故郷のように感じている。FCバイエルンはヨーロッパでもトップクラブだ。”


しかしこの契約延長は決して簡単ではなかった。最初の話し合いの後で交渉は一時中断していたのだ。クラブと選手で延長期間と給与に開きがあったためだとされている。


ビルトの情報ではノイアーは年俸アップする事となったようだ。これまでの年俸は1500万ユーロとされていたが、年俸アップ後も2000万ユーロは突破していないようだ。期間においてはクラブが最初に提示していた2023年までで合意に至っている。


バイエルンはこれまでにハンスィ・フリック監督(2023年まで)、トーマス・ミュラー(2023年)、アルフォンゾ・デイヴィス(2025年)との延長を発表している。クラブはコロナの影響を受けながらも選手を留めるだけの経済的な余裕がある事を示している。




以上です。

ノイアーも延長しましたね。しかしバイエルンはこういうところでの仕事はしっかりしていますね。コロナで先行きが分からない時にフリックやミュラーと延長したのはあっぱれです。


[ 2020/05/21 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。