ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「本当の事を言わなければならない!」BVBファヴレ監督!ゲッツェを起用しない理由を語る!

【スポーツビルト】

ファヴレ:ゲッツェがベンチになる理由を説明

goett2.jpg

マリオ・ゲッツェはドルトムントではベンチに座っている事がほとんどだ。土曜日にはヴォルフスブルクとの試合があるが、ファヴレ監督はその理由を説明している。

スポンサーリンク


“今の所343でプレーしているが、このシステムが彼にとって理想的なシステムではない事をはっきりと彼に伝えたよ。本当の事を言わなければならないね。”と監督は語る。今シーズン末にゲッツェはクラブを去るとみられているが、4:0で勝利したダービーでは負傷者が多かったにも関わらず87分からしかプレーしていない。


ドルトムントはヴォルフスブルク戦では引き続きマルコ・ロイスとアクセル・ヴィッツェルを諦めなければならない。しかしその代わりシャルケ戦で欠場しているエムレ・ジャンが復帰するとみられている。ファヴレはロイスに関しては、“彼はまだチームトレーニングができない状態だ。早く復帰する事を願っているよ。”と語っている。


さらにこのスイス人は、“ヴィッツェルもプレーしないよ。だけどエムレ・ジャンとレイナは完全にトレーニングをこなすことができた。”と語っている。レイナはシャルケ戦でスタメンデビューを果たす予定だったが、ウォーミングアップ中に負傷してしまっていた。


ドルトムントはここ7戦で負けなしのヴォルフスブルクと対戦する。そのため火曜日に行われるバイエルン戦のコメントをしている場合ではないようだ。“ヴォルフスブルクは調子が良いからシャルケ戦よりも難しくなるだろうね。”とツォルクは語っている。“バイエルン戦について話すのはヴォルフスブルクとの試合を終えてからだ。”と彼は続けた。





以上です。

まあファヴレのシステムにはゲッツェの居場所は元からなかったという事ですね・・。アルカセルの負傷で出番が増えたものの、ハーラントが来た今、本当に使いどころがなくなってしまったのでしょう。



[ 2020/05/23 16:08 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
システム面以前に、役者不足。

結局、ただの成長性が無い役者だったと言う事。
野球のハンカチと同じ。

10代がピークだったんだよ。
[ 2020/05/23 17:08 ] [ 編集 ]
シュテーガー時代までは走れなかったり、ボール持ちすぎたり、ビルドアップのテンポ落としたり・・・といろいろ問題はあったけど、ファブレ時代はそうした課題を地道にクリアしてよくなってたと思うんだよね。アルカセルとの相性も良くて、片方ずつ使うのがもったいないと思えるようになっていた。
そこで思うんだけど、この監督がゲッツェを気に入らないだけなんじゃないかな、香川同様に。クロップカラーを排除したいだけなのかも。
[ 2020/05/24 10:30 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。