Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント退団のマリオ・ゲッツェ:もう2度とブンデスリーガではプレーしない!ドイツ紙

【スポーツビルト】

BVB退団

ゲッツェ:もう2度とブンデスリーガでプレーしない!

goet77.jpg


いったいマリオ・ゲッツェはどこで幸せを見つけることができるのだろうか?


ドルトムントのスポーツ・ディレクター、ミヒャエル・ツォルクはヴォルフスブルク戦の前に、ワールドカップ2014年の英雄の退団を発表した。(“私たちは今シーズンで共に働くことを辞める事で合意に至った。“)これはスポーツビルトが1月に報じていた内容を証明した形になる。

スポンサーリンク



しかしゲッツェはこの先どうなるのだろうか?ビルトの情報によると、それはブンデスリーガではない。


この攻撃的選手はドルトムントで7年間もプレーしており、そのためにブンデスリーガ内で新たな移籍先を探す可能性は低いとみられている。



その代わりに外国移籍を希望しているようだ。そこで彼はベンチに座るよりもまだまだできることを証明できるかもしれない。

ゲッツェは最近になって代理人を変えたばかりだ。エムレ・ジャンをリヴァプール、ユベントス、ドルトムントへと移籍させたレザ・ファゼリだ。彼が新たなクラブを探すべきとされている。




優先順位が高いのがスペインとイタリアだ。もちろんフランスとイングランド移籍の可能性もある。






以上です。

ゲッツェがブンデスリーガでプレーしないと言ったわけではないようですが、プライドもありますからやはり国外を選ぶでしょうね。しかしドルトムントは、レヴァンドフスキーが移籍した後で、もうフリーでは移籍させないと言っていたようにおもいますが、よりによって出戻りのゲッツェがフリーで出ていくことになるとは皮肉なものですね・・・。



[ 2020/05/25 19:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(10)
 実力比でいえば圧倒的な高待遇を受け続け、クラブ側が実力相応の待遇にしようとしたらフリー移籍ですか。いくら人気者でも、特定の選手を特別待遇しちゃいけないって事でしょうね。
[ 2020/05/25 20:24 ] [ 編集 ]
ゲッツェはクラブをかなり儲けさせたから特例扱いということだろ。まあユース上がりだから元本元金はほぼ0。
どちらもごっつあんでしただな。
新天地でも頑張ってね。
[ 2020/05/25 21:17 ] [ 編集 ]
フィットするクラブが見つかるといいね。
何も考えないでイメージ面だけで言うと、なんとなくチェルシーのユニフォームが似合いそう。
ニューキャッスルも良いな。

プレー面で合うチーム?うーん…

取り敢えず給料は半分以下にして良いと思う。
[ 2020/05/26 03:12 ] [ 編集 ]
45億で移籍して31億で帰ってきたからいっけん儲けてるように見えるけど、成績、結果に不相応な高額年俸で大幅に損してるから
減俸も受け入れないなら固執する必要もないって意味での特例だと思いますよ
[ 2020/05/26 10:25 ] [ 編集 ]
買い戻しは失敗でしたね
監督にとっても色々な意味で扱いが大変な選手だったと思います
[ 2020/05/26 10:42 ] [ 編集 ]
ゲッツェのフォロワーは840万人。
ドルトムントは買い戻しの失敗もなければ、年俸の払い過ぎもない。ど単純な計算だけどクラブは年間に一人当たり1000円使わせたと仮定するとこれだけでも1年で84億円。
よほどの間抜けでもない限りいくらでもごっつあんできてるよ。
[ 2020/05/26 19:49 ] [ 編集 ]
フォロワー平均1000円も使うって凄い勘定だなぁ
渡辺直美というタレントがフォロワー900万人だが、彼女は一年で90億円使わせたと仮定できるのか
凄い時代ですね
[ 2020/05/26 21:16 ] [ 編集 ]
しかしスピードもなく、フィジカルもなく、まだ中堅くらいの年齢とはいえ、高年俸のドイツ人を財政難のチームの多いイタリアやスペインがフリーとはいえ欲しがりますかね。彼がイタリア語やスペイン語を出来るならまぁ…
[ 2020/05/27 01:06 ] [ 編集 ]
ドイツのサッカー選手と日本のタレント比較する方が凄いよ笑
[ 2020/05/27 04:45 ] [ 編集 ]
彼としてはフォロワー数ではなくフットボールで評価されたいでしょう
どこへ移籍するかわかりませんけど、活躍できるクラブが見つかる事を願っています
[ 2020/05/27 09:38 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。