ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》マインツ武藤 膝の負傷で交代するも軽傷!【ビルト詳細】

本日発売のビルトのマインツ版に武藤選手の記事が掲載されました。短いですが紹介します。





マインツ新加入の武藤嘉則


膝の負傷にともなう謎!

entry_img_505.jpg

武藤嘉紀は膝の裏側に打撃をうけたが、そのままプレーを続けた。しかし前半終了の五分前にこの日本人はニーダーレヒナーを相手にいきなり交代させられることになった。



これは念のためだろうか?それもあるが・・・・。

スポンサーリンク


しかしながらシュミットはこのストライカーの前半の出来にはまったく満足せず、交代についてはオープンに、“チームの目を覚ましたかったんだ!”と語った。


武藤はストライカーとしてプレーしたがほぼ空気で、良いアクションはほとんどなかった。


シュミット:“彼はよりカウンターに向いたストライカーだからね。ニーダーレヒナー戦では前線がより戦う力があり、試合をより掌握していたんだ。”(注:試合がカウンター主体ではなくて、より前線でのぶつかり合いが多かった事を意味していると思われる。)



では怪我はどうなったのだろうか?武藤の膝は氷で冷やされた。しかし昨日の内にマインツ05はその怪我が大した物ではないことを発表た。大事じゃない!







以上です。


日本のメディア(ヤフーニュース)ではこの記事がドイツ紙で武藤選手が酷評されていると紹介されていました。感じ方は人それぞれですが、どちらかと言えば怪我に焦点が当てられた記事だと思います。


「武藤選手はよりカウンター向きの選手であり、今日の試合はあまり彼のものではなかった」、といったように読めましたが、とあるメディアでは、「カウンターのためだけのFWではない」と訳されて、その発言が批判と取られていたようです。


これがただの誤訳であれば良いのですが、意図的な選手批判だったら困りますね。こんなに短いビルトの記事をネタに選手批判に走るの姿勢には少々疑問を感じました。


ブンデスリーガ一年目の武藤選手、まだ開幕もしてませんし、ぜひとも暖かく見守って欲しいものです。


[ 2015/08/03 20:46 ] 武藤 | TB(-) | CM(7)
そうですね…
日本にはサッカーもそうだけど、日本についてのネガティブなニュースを嬉々として報道するメディアが多いんですよね。
[ 2015/08/03 23:25 ] [ 編集 ]
No title
同じソースから引用したと思われるものでも、
かなり異なった意味合いのニュース内容が並列することも
少なくありませんからね。

今回の件も教えていただきありがとうございます。
[ 2015/08/03 23:28 ] [ 編集 ]
毎回勉強になります。
ありがとうございます。
[ 2015/08/04 00:44 ] [ 編集 ]
No title
>武藤はストライカーとしてプレーしたがほぼ空気で、良いアクションはほとんどなかった。
一応酷評はされているから嘘ではない
[ 2015/08/04 02:49 ] [ 編集 ]
No title
いつも有難うございます。
酷評、と報道されていたので気になっていました。
日本のメディアはこんなふうにちょっとしたことを必要以上にネガティブに、センセーショナルに報道することが多いですね。海外の記事を紹介するなら、余計な解釈を加えず、真意を正しく読み取った報道をして欲しいものです。
[ 2015/08/04 03:13 ] [ 編集 ]
No title
言わずもがな反日朝鮮系がいろんな場所に潜んで、日本を叩くための工作活動に勤しんでますからね。
[ 2015/08/04 12:29 ] [ 編集 ]
No title
日本のメディアはどんな評価に対しても大袈裟ですからね。
酷評しかり絶賛しかり。

それは兎も角、怪我が大事に至らずよかったですね。
長期離脱だけは勘弁です。
[ 2015/08/04 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。