Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ファヴレ!解説者のマテウスを批判!来シーズンも続投を希望!

【ビルト】

ファヴレ!マテウスを批判!

Favreonfire4.jpg

ドルトムントのルシアン・ファヴレ監督はバイエルン戦に0:1で敗れた後で大きな批判にさらされている。彼が2021年までとなっている契約を全うするかはまだ分からない。ビルトがファヴレにインタビューしてみた。

ファヴレさん、シーズンが終わった後で本当に辞任するつもりですか?それともあれは単なる誤解ですか?


ファヴレ:私の発言の解釈のされ方と言ったら本当に理解できない。そんなことは一言だって言っていないのにね。

スポンサーリンク


詳しくどうぞ!


ファヴレ:私はタイトルを獲得できないのではないかという質問を受けたんだ。私はその質問に対して、もうすこし時間をとってシーズン後になってから話すべきだろうと言ったんだよ。この文章があんなふうになるなんてクレイジーだね。


本当は何を言いたかったんですか?


ファヴレ:簡単だよ。シーズンが終わったら内部でいつものように分析するという事だ。そこでは正直に何が良くて何が悪かったのか話をすることになるだろう。だけどまだ今はその時期ではない!まだ28試合が終わったばかりで、あと6試合もあるんだからね。もちろん火曜日以降、それが非常に難しくなったという事は分かっている。だけれど、まだ終わらせるには早すぎるよ。


ローター・マテウスがあなたの発言を辞任と解釈して、コヴァチを後継としてあげましたが・・。



ファヴレ:本当に信じられないね。まったくもって受け入れがたいよ。私はドルトムントで幸せだし、契約は2021年まで残している。来シーズンもベンチに座りたいよ。


でもベルリンでもグラートバッハでも辞任しましたけど・・・。



ファヴレ:私を良く知っている人なら、ベルリンとグラートバッハで何があったのかを知っている。でもドルトムントはそれとはまったく関係ないよ。まったくやめる理由が思いつかないね。ここは居心地が良いし評価されているとも感じている。


ドルトムントの期待はすごく高いですがそれでもこれは夢の仕事ですか?



ファヴレ:これまでも言ってきたが、ドルトムントはこれまでのキャリアでは最高だ。ここが気に入っているし、ここで続けてチームとクラブと共に達成したいことがあるよ。


幹部はあなたにタイトルの獲得を要求していました。チャンピオンズリーグで敗れ、さらにバイエルンに7ポイント差をつけられておりほとんど不可能となっていますが。それでもサポートされていると感じます?



ファヴレ:我々は優勝するためにできるかぎるの事をすると話し合った。でもするべきだとか、しなければならないという事は一度も言われていないよ。でもあなたの質問に答えるなら、私は幹部たちからのサポートを感じているよ。ヴァツケ、そしてツォルクと今日も話をしたけれど、私たちの意見は一致しており、まだ野心に満ちているよ。


それが意味することは?


ファヴレ:現在の順位、それからバイエルン戦の内容に関して意見が一致しているという事だ。バイエルン戦はオーケーだった。それどころか後半はバイエルンよりもボールを支配していたんだ。そんなことはそう起こる事ではないよ。それどころか試合後キミッヒも、勇敢な我々にプレッシャーをかけられたことに触れているよ。でももちろん足りなかった事もあるけれどね。


それは何ですか?

ファヴレ:バイエルンに勝つには完璧に近くなければならないね。昨シーズンはそれができた。文句は言いたくないけれど、PKはもらうべきだったよ。ボアテンの肘に当たらなければゴールだっただろうからね。少なくともビデオ審判が介入することを望んだけれどね・・。


マテウスはあなたがジャンとサンチョをスタメンにしなかった事を批判していますが、起用は間違っていましたか?


ファヴレ:ローターがチームの内部でなにが起こっているか知る事はできないよ。選手を毎日見ているのは私だからね。二人ともまだそれほどトレーニングできていないんだ。ヴィッツェルもそうだよ。




以上です。

ファヴレがインタビューに応じましたが、さすがにあきらめたように報道されてはまずいと思っての事でしょう。少なくとも残り6試合全勝を目指してほしいところです。


[ 2020/05/28 17:16 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
ドルトムントがバイエルンを追い抜くには、大雑把にいって、6ゲーム全勝してバイエルンが3敗が必要。
これで逆転優勝なら大笑いだし、ぜひチャレンジしてもらいたい。
勝てば、大逆転だからこんなに嬉しいことはないよ。
ただし、これまでのようにすぐ諦めんなら、その場でバイバイしてもらいたい。
[ 2020/05/28 18:30 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。