Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト!長谷部と鎌田が勝利の立役者!試合後コメントあり!

【SGE4EVER】


長谷部とマッチウィナーの鎌田!“あと6ゴールも悪くない!”
EintrRBS200220_01.jpg


守備においては長谷部誠が統率をもたらし、攻撃においては鎌田大地が2:1となる決定的なゴールを決めている。長谷部と鎌田。この二人の日本人がヴォルフスブルク戦では勝利の立役者となった。この二人は試合後いつものように控えめにコメントしている。“大事なのは、チームとして勝った事ですね。それだけです。勝ててうれしいですよ。”と鎌田はアイントラハトTVに対して答えている。

スポンサーリンク



そして長谷部は試合後この3ポイントが与える精神的な点について触れている。“僕たちは長い間勝てませんでしたからね。なのでこの勝利は順位争いにおいて重要なだけでなく、精神的な面でも大きいですよ。”と3バックのリベロとしてプレーした長谷部は語る。長谷部はリベロで全盛期のようなプレーを見せたのだ。彼の落ち着きがヒンターエッガー、アブラハムとの守備を落ち着いたものにしている。さらに最近契約を延長した36歳は、“サッカーとしてはもっと良いプレーができると思いますが、闘志、情熱、戦術的な統率という点においては、今日はすべてを出しましたね。”と語る。


長谷部、鎌田のさらなるゴールに期待!


ヴォルフスブルクの成功に大きく貢献したのが鎌田大地だ。この23歳は3:3のフライブルク戦でブンデスリーガ初ゴールをあげていた。そしてこの試合で2:1となるゴールをあげている。


“ほんとうはもうくたくたでしたけれど、フィリップからバスへのクロスに合わせてもう一度スプリントしました。ボールが僕の所に来るとは正直思ってもいませんでしたけれど。走りこんでいて良かったですね。”と鎌田はそのゴールについて語る。どうやら結び目はほどけたようだ。


鎌田はすでにヨーロッパリーグで6ゴールをあげ、その得点力は証明済みだった。そしてブンデスリーガでも動き出した。アイントラハトが鎌田との契約を延長したがっているのも不思議ではない。鎌田のメンターである長谷部は、これが続いて欲しいと思っている。“彼はここ2試合で2ゴールをしましたからね。これはチームの大きな助けとなっている。彼がブンデスリーガでも続けてゴールを決めてくれて本当に嬉しいですよ。これが続くと良いですね。まだ6試合ありますから、6ゴールは悪くないですね。”と長谷部は笑う。アイントラハトのファンもそれには反対しないだろう!




[ 2020/06/02 16:20 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。