Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

どうなる香川の将来?たった一年でサラゴサ退団の可能性も!ドイツ紙

【90Min】

元ドルトムントスター!香川真司!
将来をかけてサラゴサで戦う!


kagawarres.jpg


今から一年前、香川真司は夢を叶えた。この攻撃的ミッドフィルダーはボルシア・ドルトムントからスペインへと移籍したのだ。彼は目玉移籍としてレアル・サラゴサで紹介されたが、今ではそれほど重要な役割を担っていない。マルカ紙が報じたところによると、香川は昇格をかけて戦っているだけでなく、自分の居場所をかけて戦っているとのことだ。



スポンサーリンク



香川は300万ユーロでサラゴサに移籍したが、これは2011年に860万ユーロで移籍したキーパーのロベルトに次ぐ金額だ。この31歳のミッドフィルダーはサラゴサに移籍する前はベシクタシュでプレーしていたが、サラゴサの昇格を担うキープレーヤーとしての獲得だった。サラゴサは7年間2部でプレーしているが、再び一部でプレーするのが目標だ。


しかし2012年にドルトムントで輝かしいプレーをしマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した香川の姿は、ここ数年同様見ることができなかった。これまで23試合に出場して2ゴール1アシストを記録している。最後にゴールに絡んだのは12月14日の事だ。その試合でサラゴサはサンタンデルに2:0で勝利している。


香川はシーズン序盤レギュラーだったが、コロナで中断される直前には控えかスタンドに回る事が増えてきていた。19節以降、香川が45分以上プレーした試合は4試合だけだ。スペインのマルカ紙が金曜日に報じたところによると、彼のスポーツ面での成果は高い給料に見合っていないとみられているようだ。


サラゴサは現在55ポイントで2位につけており、さらに3位に5ポイント差をつけている。仮にサラゴサが昇格を果たした場合、香川の給与はこれまでのパフォーマンスにも関わらず上がるとされている。サラゴサが2部に残った場合、クラブはこれまでと同額の年俸を支払う事ができないとされている。


残り試合は11試合となるが、香川にとっては昇格をかけた戦いとなるだけでなく、将来をかけた戦いにもなるだろう。彼がサラゴサに残るためには、昇格するだけではなく、パフォーマンスを発揮しなければならない。マルカ紙が報じたところによると、彼はコロナ中断中に体調を整えて、良い状態にあるとのことだ。いずれにせよそれが見られるのはスペインリーガが再開してからになる。




以上です。

まだ残り試合が結構ありますから、まだ力を示すチャンスはありますね。ぜひとも活躍して昇格してほしいですね。クラブが来シーズン給料を抑えるために、あえて起用しないというのだけは勘弁してほしいです。



[ 2020/06/03 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
んっ?契約は1部昇格時のみ、+1年自動延長オプション付きで2部のままなら契約満了放出、使わない理由にはなり得ないでしょ
あと300万ユーロも昇格時のみ選手成績含めたボーナス額で、実質0円で放出してあげたドルトムントの温情が無い事にされてる
 まぁドイツ紙は年俸も移籍金もボーナス含めた総額で記す事が多いけど
昇格時貧乏クラブのサラリーキャップは2000万ユーロ切るだろう、そこから移籍金300と年俸3倍 サラリーキャップ1/4程の額がもってかれる、こんなムチャな契約は所詮カラ手形のつもりが、まさかの昇格で現実になりそうになり、契約見直し求めたクラブ主導の記事ですかね
[ 2020/06/03 07:24 ] [ 編集 ]
股関節をやってしまうとこうなる(グロインペイン症候群)。痛みのないときは全く問題なく実力どおりにプレーできるけど、しかし前触れもなく突然痛み出す。よって走力の要求されるハイレベルのリーグやチームではどうしても波ができてしまう。
中田や中村の欧州での最後に似てますね。長谷部のように復活できるといいんですが。


[ 2020/06/03 11:31 ] [ 編集 ]
marcaの記事が出てから、この記事を含め、トルコ紙、それを逆輸入する形で地元紙と報じられていますが、
内容がずれてきているので、marcaを正確に訳されたほうが良かったのではないでしょうか?
地元紙からは以前のような批判記事が無いのは、香川がサラゴサのコロナ基金に大きな寄付をしたことで書きにくいのでしょうね。

どんな形になるにしろ試合に出た際はがむしゃらにプレイしてもらいたいですし、本人もそのつもりだろうと思います。
[ 2020/06/03 14:46 ] [ 編集 ]
二部ですら通用しなかったか。
[ 2020/06/03 19:56 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。