Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント最大の問題はファヴレ監督ではない!!ドイツ紙

【ビルト】

ドルトムント最大の問題点はファヴレではない!

favre6660.jpg


ローター・マテウスは来シーズンからドルトムントの監督が変わると思っている。


ドルトムントではクロップのような監督を強く望んでいるのだ。でもそんな監督はいない!!


“トゥヘル、ボシュ、シュテーガー、ファヴレ。誰だって関係ない。彼らは常に比べられることになるけれど、それがいつかパフォーマンスに影響を与えるんだ。”とマテウスは語っている。


スポンサーリンク


監督は時間が経つと幹部から必要なサポートを受けることが無くなってしまう。


ただマテウスによるとファヴレには決定的な欠点があるようだ。“彼はバイエルンと優勝する上で必要となる、大きな試合でのポイントを獲得できないからね。”とマテウスは語る。


バイエルン戦で0:1で敗れた後で、ヴァツケは監督をサポートする発言をしていた。


もうバイエルンの8連勝はほぼ決まったが、ドルトムントは本当に対等だろうか?答えはいいえだ。


これは監督の責任ではない。経済的な差なのだ。


バイエルンの収益は7億5000万ユーロだ。それに対してドルトムントはたった5億ユーロだ。


しかしもっと大きな差は、バイエルンには選手を放出する事を心配する必要がないという事だ。むしろその反対だ。彼らはいつだってスーパースターを獲得して補強できる。例えば、ドイツ代表のザネーだ。


ドルトムントのスカウトは極めて優秀だ。特に若い選手達にとってドルトムントは世界最高のクラブだ。しかし本当に偉大な選手を獲得するチャンスはそれほど多くはない。


ここ7年間での放出だ:レヴァンドフスキー、フンメルス、絶好調のゲッツェ、ミキタリアン、ギュンドガン、デンベレ、オバメヤン


そしてまたしてもドルトムントではサンチョやハーラントを後どれだけ留めておけるかがテーマとなっている。1年?それとも2年?


おそらくマテウスが推測するように来シーズンは別な監督になるだろう。ファヴレは大きな試合でポイントを獲得できていない。


しかし新しい監督が、バイエルンに対抗する術をもっているかどうかは疑問だ。バイエルンの財布の中身は良すぎる・・。





以上です。

まあ放出は問題ですが、結構獲得にもお金を使っていますからね・・。それをうまく活かしきれないのはやっぱり監督の責任ということになるように思いますね。



[ 2020/06/03 16:04 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
50+1ルール撤廃しないと無理だよ
バイエルンですら移籍市場で主役になれないのに
[ 2020/06/03 17:22 ] [ 編集 ]
たしかにバイエルンよりかは経済的に劣ってるけど
8連覇されるほど圧倒的な差かと言われるとどうなんだろう…
[ 2020/06/03 21:57 ] [ 編集 ]
 
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。