Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

元ドルトムント、ヴァイグル!PSG移籍が破談になった経緯を明かす!ドイツ紙

【スポーツビルト】

ヴァイグル、PSG移籍が破談となった経緯を明かす!

weigl5.jpg


ドルトムントは、今から一年以上前に、PSGへの移籍を拒否したが、そこでストライキを起こすつもりはヴァイグルにはなかったようだ。

“PSGに行けば監督も良く知っているし、そこで成長するチャンスも大きかったから、当然魅力的だったよ。でもストライキやテロを起こす気は僕には全くなかった。”とヴァイグルは南ドイツ新聞において語る。PSGではドルトムント時代からヴァイグルを良く知っているトーマス・トゥヘルが監督を務めている。

スポンサーリンク


ヴァイグルは現在ベンフィカでプレーしているが、ポルトガルリーガも再開間近だ。“僕は変化が必要だと感じていたんだ。冬にはパリからもオファーが届いており、それを受けたいと思っていた。それが実現するように戦いもしたよ。”とこの24歳は語る。


彼はドルトムントを去る事ができなかった理由について明かす。“いずれにせよドルトムントは完璧にこの扉を閉ざしてしまった。それは理解したよ。優勝するチャンスがあったからね。それにセンターバックの多くも負傷していた。”とヴァイグルは語るが、決して彼はこのような状況を望んではいなかった。そして何か新しいことをやりたいという思いが消えなかったのだ。“いつか外国でプレーしたいというのははっきりしていた。”とヴァイグルは語った。




以上です。

ヴァイグルにとってはPSGに移籍できなかったのは残念でしたね。ベンフィカで頑張ってほしいですね。


[ 2020/06/04 19:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。