Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト長谷部!アジア人最多出場記録更新へ!トップ20に多くの日本人がランクイン!

【トランスファーマルクト】

長谷部!ブンデスリーガ・アジア人最多出場記録更新へ!


hasebe 111

アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠はブレーメン戦で力強いプレーを見せただけではない。それに加えて歴史に名を刻んでいる。彼は3:0となる試合で308試合出場を達成し、これまで韓国のボム・グン・チャが持っていた記録に並んだのだ。チャは80年代にレヴァークーゼンとフランクフルトでプレーしていた。これによって長谷部はチャとその記録を分かち合う事となっている。

スポンサーリンク


ブンデスリーガでプレーしたアジア人のトップ20には、なんと半分以上も日本人がランクしている事が、これは注目に値する。200以上プレーしたのは6人いるが、日本人が二人、韓国人が二人、それからイラン人が二人だ。


長谷部は今週末に行われるマインツ戦でこの記録を更新する可能性が高い。そうなると309試合で単独トップだ。フランクフルトに来てから205試合目になる。

トップ20

20位:内田篤人、104試合

19位:アリ・ダエリ(イラン) 107試合

18位:ドン・ウォン・ジ(韓国) 115試合

17位:清武弘嗣 117試合

16位:ユセフ・モハマド(レバノン) 118試合

15位:原口元気 119試合

14位:ドゥリ・チャ(韓国) 125試合

13位:岡崎慎司 128試合

12位:高原直泰 135試合

11位:フンミン・ソン(韓国) 135試合

10位:香川真司 148試合


9位:大迫勇也 152試合

8位:アシュカン・デジャガ(イラン) 158試合

7位:酒井高徳 170試合

6位:ヴァヒド・ハセミアン(イラン) 208試合

5位:ジャチョル・ク(韓国) 211試合

4位:奥寺康彦 234試合

3位:メーディ・マハダヴィキア(イラン) 255試合

1位:ボム・クン・チャ(韓国) 308試合

1位:長谷部誠 308試合



以上です。

こうしてみると日本人もドイツで随分活躍していますね。今は大分減ってしまっているので、また増える事を期待しています。



[ 2020/06/06 17:36 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。