Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ブレーメン!大迫先発もヴォルフスブルクに敗れ連敗!2部降格が近づく!

【ビルト】

コーフェルト!“順位が勇気を与えてくれる!”

osako88.jpg


ブレーメンはホームでヴォルフスブルクと対戦したが、0:1で敗れている。これで今シーズンホーム11敗目だ。前回フランクフルトに0:3で敗れており、5日間で2敗した事になる。



スポンサーリンク


それまではヴェルダーの調子が上がっていると思われただけに、この2連敗は大きな痛手だ。これでブレーメンは2部に大きく近づいた。


監督の闘志は高い。彼は試合後の質問に対して、“落胆は大きい。でも私に勇気を与えてくれるのは今の順位だ。ちょっと変に聞こえるかもしれないけれどね。入れ替え戦まで7ポイントや8ポイント離されているわけではない。まだ3ポイントだ。”と彼は語った。



しかし彼は本気だろうか?現在17位で15位までは6ポイントも離されているのだ。しかしこの順位が監督に勇気を与えると言うのだ・・・。まあそれなら良いが・・。


コーフェルトはフライブルク戦(1:0)の前に、“今シーズン最高だ”と語っていたが、今となっては、なんとかして入れ替え戦の切符を手にする事しかできそうにない。15位にはほとんど手が届かないだろう。



“パダーボーン戦では勝たなければならない。”とコーフェルトは語る。“我々は入れ替え戦をかけて戦う。それが最初の目標だ。それができれば、さらに2試合チャンスを得ることができる。諦めることはないよ。あと4試合あるから3ポイント差をひっくり返す可能性はある。”



現在最下位のパダーボーンはライプツィヒに1:1で引き分けており、ブレーメンにとっては簡単な試合にはならないだろう。


コーフェルト:“大事なのはそこで成功する事だ。まだ闘志はある。まだあきらめていない。”





以上です。

残り4試合になりましたが、ブレーメンの残留はかなり厳しくなりましたね。コーフェルトがこうなるとは2年前には思いませんでしたが・・。なんとか入れ替え戦に出てほしいですね。




[ 2020/06/08 06:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。