Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

マンチェスター・ユナイテッド監督!「腐ったリンゴはいらない!」新たな移籍政策を導入へ!

【スポーツビルト】

ユナイテッド監督!「腐ったリンゴはいらない!」


ers.jpg

マンチェスター・ユナイテッドのスルシャール監督は新たな移籍政策を導入するつもりだ。このノルウェー人監督は、新加入の選手がどのような性格でなければならないかしっかりとしたイメージを持っているようだ。


スポンサーリンク


スルシャール監督は“Shiv Nadar”においてクラブに対して全力を尽くす選手のみを獲得したいと語っている。“プロフェッショナルに振る舞う事ができるキャラクターを持っていなければいけない。かごの中に腐ったリンゴが入ってれば他のリンゴも腐ってしまうからね。“とスルシャールは語っている。



彼は自分の見方を体現するために若いチームを作るつもりだ。そして完璧なユナイテッドについて、“まずは自分がハードに取り組まなければならない事がしっかりと分かっていなければならない。あきらめてはいけないし、ベストを尽くさなければならない。100%が必要だ。そして実際の姿よりも優れているとは決して考えてはならない。しかしそれと同時に自信は持たなければならない。”と語っている。スルシャールの目標は再び優勝タイトルを獲得する事だ。



スルシャールはユナイテッドのユース育ちであるブランドン・ウイリアムス、スコット・マクトミネイ、メイソン・グリーンウッドをプロチーム入りさせているが、将来的にもそうするつもりだ。若い選手がチャンスを貰うべきだとされている。それに加えてトップ選手の補強も必要だ。しかし控室の雰囲気を壊すような選手ではならない。


この夏の補強リストにはドルトムントのジェイドン・サンチョとレヴァークーゼンのハヴェルツの名前が挙がっている。





以上です。

サンチョは結構問題も起こしていますが、獲得しても大丈夫でしょうかね。日本でもかつて金八先生に腐ったミカンという言葉が登場しましたが、ヨーロッパではリンゴですね。


[ 2020/06/10 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。