Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

鎌田!ポカール・バイエルン戦で1アシスト!バイエルンが2:1で勝利し決勝進出!

【ビルト】

バイエルン!レヴァンドフスキー、ペリシチらの活躍で決勝へ!

kimimi.jpg


バイエルンの一人の選手にとっては、この準決勝の勝利は痛みと共に記憶に残る事になるだろう。


バイエルンはフランクフルトに2:1で勝利したが、キミッヒは試合開始約60分、スライディング後に、ドミニク・コアに首を踏みつけられている。

スポンサーリンク


このドイツ代表は大量に出血し、医療チームが手当てをしようと近づくとそれを断って、フィールドに戻っていった。しかし審判がキミッヒをフィールド外に送り返している。出血は止まり、キミッヒは新しいユニフォームを着てプレーを続行すると、調子を上げる・・・。


バイエルンは開始14分にペリシチのゴールで先制していたが、その後69分に途中から出場したダニー・ダ・コスタのゴールにより同点に追いつかれてしまう。しかし75分にキミッヒがレヴァンドフスキーをアシストし勝ち越し点だ。最初はオフサイドの判定だったが、ビデオ審判の介入により得点が認められた。


これで過去20年でバイエルンが決勝に進出したのは13回となった。決勝の相手はレヴァークーゼンだ。


本来であればバイエルンが前半に大量リードしている展開だった。ミュラーが6分に放ったヘディングはコアがぎりぎりでセーブし、さらに8分にはレヴァンドフスキーもチャンスを得る。



その後負傷したグナーブリーに代わって出場したペリシチが先制点を挙げると、25分にはコマンもフリーでシュートを放つ。


ミュラーは試合後、“前半も結構大変だったね。フランクフルトは疲れていたけど、僕たちはフレッシュだった。もっと点を取っていなければならなかったね。”と語っている。



後半に入ってからアイントラハトも目が覚めた。ミュラーは、“思い出す限りでは最も重々しい準決勝だったね。動きは少なくボールもキープできなかった。チーム全体に影響を及ぼしたよ。”と語っている。


しかしバイエルンが脅威となるときには、戦士キミッヒが姿を現す・・。



以上です。

鎌田選手は69分にアシストをし、同点に追いつきましたが、バイエルンには惜しくも敗れてしまいましたね。

リーガが再開してから2ゴール1アシストと好調ですから、残りの試合でも期待したいです。


[ 2020/06/11 17:28 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。