ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ミュンヘン1860ファン、バイエルンのユニを買って刑務所行きを免れる!!

昨日面白ニュースとして紹介した記事ですが、判決が出たようですので紹介します。
本日のビルトからの記事になります。昨日の記事はこちらです。





1860のファンに寛大な判決!


彼らがバイエルンのユニフォームを買ったので刑務所行きはなしに。

entry_img_509.jpg


バイエルン対1860の法定での争い!1860のファンが引き裂いたユニフォームをめぐる奇妙な事態は幕をおろした。



ミュンヘンでの法定での午後の判決:1860のファンロベルト・O(26)に対しては10ヶ月の保護観察、そしてベネディクト・S(23)に対しては、一年間の保護観。それに加えて3年間のサッカー観戦の禁止、と裁判官のシュウノールファイル(64)が判決を言い渡した。

2015080621124677a.jpg


彼らは地方リーグで行われた1860Ⅱ対バイエルン・ミュンヘンⅡのダービーの後でバイエルンファンのファンジャケットを奪い去り、赤いファンシャツを彼の目の前で破り割いたのだ。


最初の判決では、彼らに執行猶予なしの15ヶ月の刑務所行きを言い渡していた。なぜなら彼らが後悔の念をみせずに、もう一人の犯人の名前も言わなかったからである。

スポンサーリンク


裁判官のカリン・ユングの賢いアイデア:もし犯人達が被害者に対してそれ相応の補償をするなら、彼らはこの判決を和らげることができるというものだ。そしてバイエルンのファンショップで買い物をするというアイデアが出てきた。


この二人は歯を食いしばりながら、ファンショップで買い物をし、法定では、被害者が受け取ることとなる約200ユーロ分の買い物袋を提示した。そして彼らがすでに被害者に謝罪し慰謝料を支払ったことで、刑は軽減されることになった。



もちろんこれは被害者であるバイエルンファンが、厳しい判決を望まなかったから可能となった事である。






以上です。


判決が出たようでしたので取り上げました。


記事によると本人達が直接ファンショップに買いに行ったようですね。しかし彼らはもう一人の犯人の名前を隠しているようですが、本当に反省したかは怪しいですね。とりあえず3年はスタジアム観戦禁止だそうですから、それは効き目がありそうですね。この後クラブ側もこのファンの出入り禁止措置を追加でとったりするのかも興味あります。


【おまけ今日のドイツ】

20150806211722598.jpg

よく行く八百屋さんでヒマワリを買いました。5本で4.5ユーロとお値打ち価格でした。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/08/06 21:17 ] ブンデス裏話 | TB(-) | CM(1)
No title
>もう一人の犯人の名前も言わなかった
>3年間のサッカー観戦の禁止
>保護観察
>もちろんこれは被害者であるバイエルンファンが、厳しい判決を望まなかったから可能となった

甘すぎる気がしますが、被害者納得済みなら・・・
クラブ側が一生出禁とかにして欲しいものです
[ 2015/08/07 04:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。