Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドイツ代表シュルツ!わずか1シーズンでドルトムント退団か?ホッフェンハイム復帰の可能性

【西ドイツアルゲマイネ新聞】

シュルツ!ホッフェンハイムに復帰か?

schulz.jpg

噂によると、ドルトムントはとある選手の移籍にむけて準備をしているようだ。その選手は昨年夏にドルトムントに移籍したばかりである。彼の一年目はがっかりするものであり、たった一年で放出の可能性もある。


スポンサーリンク


ドルトムントは昨年夏にホッフェンハイムからニコ・シュルツを獲得した。彼はドルトムントの左サイドでプレーするとされていたが、一年もたたないうちにそれは失敗に終わったようだ。


スポーツビルトが報じたところによると、シュルツの将来はドルトムントにはないようだ。彼はドルトムントに移籍してから説得力のあるプレーが出来ていない。ルシアン・ファヴレの下ではほとんど役に立っておらす、ブンデスリーガはたった8試合に出場しただけだ。

そのためホッフェンハイムに復帰する可能性が高い。シュルツはそこではスタメンでありドイツ代表デビューも飾っている。それに加えてホッフェンハイムは左サイドで問題を抱えていることも復帰の好材料だろう。


しかし問題は移籍金だ。ドルトムントは2550万ユーロでシュルツを獲得している。ここで放出することはドルトムントにとっては赤字を意味するのだ。


シュルツの市場価格は1600万ユーロとなっている。それでもこれはホッフェンハイムにとっては巨額だ。そのためローン移籍となる可能性がある。




以上です。

トルヤンにしろシュルツにしろ、ドルトムントはうまくサイドの補強ができていませんね。まあ3バックにした上にゲレイロが絶好調ですから、シュルツの序列が下がるのはしょうがないですね。

[ 2020/06/15 06:18 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。