Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

オバメヤン!残留ならば年俸アップを要求!幹部に早期決断を要求!!ドイツ紙

【スポーツビルト】

オバメヤン!アーセナル幹部にプレッシャー!

aubameyang3.jpg

元ドルトムントのオバメヤンはアーセナルの幹部にプレッシャーをかけている。このガボン人の契約は2021年までとなっているが、彼は移籍するだろうか?すでにバルセロナやインテル、チェルシー、そしてレアルが彼の獲得に興味を持っているとされている。


スポンサーリンク


オバメヤンはフランスのテレビ番組“Telefoot”においてアーセナルでの状況について語っている。“今のところまだオファーは受け取っていないね。もちろんそれらについてはすでにクラブと話をしてあるけれど、それも数か月前の事だよ。どうするかはアーセナルの手の中にある。”とオバメヤンは語っている。


オバメヤンはアーセナルで週休20万ユーロを受け取っているとされている。彼はチームを牽引する存在であり、コロナの前に始まった延長交渉においては昇給を要求しているのだ。


このストライカーは語る。“これは僕のキャリアの転換期になると思う。すべてにおいてオープンだよ。これは僕のキャリアにおいて非常に重要であり、最も難しいものになるかもしれない。だけれどまだ何も決まっていないよ。”


現実的にはアーセナルが現在市場価格が5600万ユーロとなるオバメヤンをその3分の1ぐらいの価格で放出するとみられている。“サン”が報じたところによると2200万ユーロ程度の移籍金でバルサ、レアル、チェルシーが獲得争いに参戦してくるとみられている。


もちろんオバメヤンはタイトルを獲得したがっている。“アーセナル、もしくは他のクラブでタイトルを獲得したいかどうかは良く考えないとね。”と彼は語った。





以上です。

オバメヤンとしてはクラブに昇給の希望を伝えたので、今の所返事待ちというところのようですね。契約も残り一年ですから、クラブはそろそろ売るか延長するか決断しないといけませんね。



[ 2020/06/15 19:38 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。