Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ブレーメン!大迫が得点するもマインツに敗れ残留は絶望的に!!奇跡なるか?

【ビルト】

ブレーメン!残留には奇跡が必要!


コーフェルト:“はっきりいって痛いよ・・”



osakobremen.jpg


ヴェルダーはマインツに1:3で敗れ、今シーズン20敗目を喫した。デュッセルドルフがアウグスブルク戦でポイントを獲得したために、入れ替え戦の場所にいるデュッセルドルフに2ポイント差をつけられ17位にいる。


スポンサーリンク


ブレーメンはマインツを相手に信じられない程攻撃的なプレーを見せる。最初の8分でシュート数は7:0となっていた。しかしその後ブレーメンはがたついてしまった。


25分にはマインツのカイソンがブロシンスキーのフリーキックから1:0となるヘディングを決めている。カイソンにとってはこれでブレーメン戦通算5ゴール目だ。その後30分にはラッツァのソロからベティウスが決めて2:0だ。


しかしヴェルダーも諦めない。大迫が58分に放ったシュートは一度はバーに当たるも、跳ねてゴールに入っている。ファンとチームは奇跡を夢見る!!


普段は静かな理事長のマルコ・ボーデもスタンドで飛び上がる始末だ。


コーフェルト監督はすべてを試す。82分にはブンデスリーガのレジェンド、ピサロを投入するも足りない。85分にはフェルナンデスが3:1となるゴールを決めブレーメンの希望を打ち砕いた。


これでブレーメン降格の可能性が強くなった。来週デュッセルドルフがウニオンに勝利したら、1980年以来となる降格が決まる。入れ替え戦に出場するにはフォルトゥーナが敗れてヴェルダーが勝利するか、フォルトゥーナが引き分けて、ヴェルダーがケルンに4点差以上を付けて勝利するかだけだ。


コーフェルトはこの敗戦の後で、“本当に痛手だ。クラブ、チーム従業員みんなに対して申し訳なく思うよ。でも来週全力を尽くすよ。”と語っている。




以上です。

大迫選手のゴールは嬉しいですが、残留はかなり厳しいですね。

[ 2020/06/21 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。