Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

プレミアリーグで差別スキャンダル!スタジアム上空に“ホワイト・ライヴズ・マター”のバナーを掲げる!

【スポーツビルト】

飛行機、スタジアム上空に“ホワイト・ライヴズ・マター”のバナーを掲げる!


whiter.jpg

マンチェスター・シティ対バーンリーの試合がおこなわれる直前に差別スキャンダルだ。スタジアム上空に“ホワイト・ライヴズ・マター、バーンリー”のバナーが掲げられたのだ。


“何たるこった。これは本当に大きな損害だ。”とイングランドのジャーナリスト、サム・リーはツイートしている。

スポンサーリンク


試合前、選手たちはセンターサークルに集まって、膝をつき、差別に対抗するためにデモンストレーションを行っていた。その直後に飛行機がやってきたのだ。


アメリカ黒人のジョージ・フロイドが警察官の暴力によって亡くなった後で、世界中で差別に対抗するデモが行われている。そのモットーが“ブラック・ライヴズ・マター”(黒人の命は大切)というものだ。


いったい誰がこの飛行機を手配したのかは分かっていない。


バーンリーは試合中に、“このような人々は我々にとってはお呼びではない。バーンリーの意見とはまったくもって無関係だ。これから役所とともにいったい誰がやったのかを特定し、一生スタジアム出入り禁止とするつもりだ。“と語っている。


バーンリーは“ブラック・ライヴズ・マター”を支持すると表明しており、“マンチェスター・シティ、それからブラック・ライヴズ・マターの支持者に対して、今回の件で謝罪したい。”と語っている。


試合はシティが5:0で勝利している。そのためリヴァプールが水曜日のクリスタル・パレス戦で勝利してもまだ優勝とはならない。


またこの試合では79分にドイツ代表のザネーが10か月ぶりに試合復帰を果たしている。




以上です。

これは明らかに挑発的な行為ですね。随分お金のかかるやりかたですが、裏ではいったいどのような人が動いているのか興味深いです。差別関係は単に利用したい人が沢山いて、自作自演の可能性もありますからね・・・。


[ 2020/06/23 18:14 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。