Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドイツ移籍専門サイトが過去の人気選手を発表!!香川が5位にランクイン!

【トランスファーマルクト】

20周年記念!


2010年、最もアクセスがあった選手プロフィールを発表!

エジル!メッシやロナルドよりも人気!

goetze-kagawa-HA-Wirtschaft-Stuttgart.jpg

メスート・エジルは2010年に自身最高となるキャリアを過ごした。当時21歳だったエジルはブレーメンで9ゴール16アシストを記録したのだ。そしてブンデスリーガの選手達によって、前半戦のベストプレーヤーに選ばれている。そして代表監督のレーヴ監督は、エジルが“天才的なレベル”にあると評している。さらに“ドイツサッカーにおいて幸運だった。”とも語っているのだ。

スポンサーリンク


エジルはワールドカップ南アフリカ大会にも参加し、3位入賞の助けとなっている。その一月後に彼はレアル・マドリッドへと移籍している。


そのためエジルがトランスファーマルクトでもっともアクセスが多かった選手となっている。彼ほど人気を集めた選手はいない。それはメッシやロナルドを上回っているのだ。


トランスファーマルクトは20周年を迎えたが、毎日2010年から一年ごとにその人気を発表していく。


エジルと同様にアクセスの集まった選手はこの夏移籍している。ヴェルダーはエジルの1800万ユーロをアルナトヴィチとウェズリーに投資しているが、彼らもトップ20入りを果たしている。またセレッソ大阪からドルトムントに入団した無名の香川真司もその一人だ。彼は足を骨折するまで2010/2011シーズン、ドルトムントの優勝へ大きく貢献している。


また2010年はスーパースターのラウルがシャルケに入団した年だった。さらにこの年はドイツ代表キャプテンのミヒャエル・バラックがFAカップでケヴィン・プリンス・ボアテンに悪質なファールを受けワールドカップを逃した年でもあった。しかしもしかしたらそれがエジルやトーマス・ミュラー、サミ・ケディーラが躍進した原因かもしれない。


ベスト20



20位:ミヒャエル・バラック
19位:ズラタン・イブラヒモビッチ
18位:ミシモヴィッチ
17位:ロナウジーニョ
16位:ディエゴ
15位:ロビーニョ
14位:ジェコ
13位:ウェズリー
12位:クラース・ヤン・フンタラ―
11位:アリエン・ロッベン
10位:サミ・ケディーラ
9位:シュヴァインシュタイガー
8位:マリオ・ゴメス
7位:アルナトヴィッチ
6位:ラウル
5位:香川真司
4位:トーマス・ミュラー
3位:ロナルド
2位:メッシ
1位:エジル



以上です。

2010年はワールドカップがありましたが、その後ドイツに渡った香川選手が半年間で一気に5位に上り詰めたのは凄いですね。やはりシャルケとのダービー戦での2ゴールの効果は絶大でしたね。

ちなみにトランスファーマルクトでは各選手のデータを掲載したプロフィールがありますが、そのアクセス数の順位となっているようです。



[ 2020/06/24 05:51 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。