Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!ファヴレ監督の残留の可能性は70%!辞任の可能性も少しあり!!

【ビルト】

ドルトムント!ファヴレをどうするつもり?

いったいドルトムントの監督ルシアン・ファヴレはどうなるだろうか?

favre6660.jpg

このスイス人の契約は2021年までとなっているが、土曜日のホッフェンハイム戦が最後の試合となるだろうか?


スポンサーリンク


はっきりしていることは、ドルトムントのボスからははっきりしたサポートはないという事だ。それでもスポーツビルトの情報ではファヴレは残留するとみられている。


彼はこれまでのドルトムントの監督としては最高のポイント獲得率を記録している(2.16ポイント)が、残留となればそれはそれで驚きだ。しかしドルトムントは現在ファヴレ以上の監督候補を見つける事ができていないとされているのだ。


それに加えてファヴレはチームを掌握できているとみられている。選手は彼の戦術と分析力を評価しているのだ。それに加えてチームは今シーズンクラブ最多ゴール記録を達成している。ファヴレが残留可能性は70%というところだろう。


チームはファヴレの下で大きな試合に勝てていない。ポカールもチャンピオンズリーグもベスト16以上に行けていないのだ。それでも解任の可能性は15%ぐらいだろう。


ファヴレはどう考えているだろうか?このスイス人は2015年には自ら辞任している。来シーズン、ファヴレに対するプレッシャーが無くならない事は彼も分かっている。彼が自ら辞任する可能性は15%だ。幹部たちが彼のサポートを公の場で明言していれば、このような心配はなくなっただろうが・・。






以上です。

まあ優勝はできませんでしたが、2シーズンとも2位ですから、そこをどう見るかですね。来シーズンもファヴレだと優勝は厳しいでしょうが、監督交代にはリスクが伴いますからね・・。まあこのままずるずる行きそうな気がします・・。




[ 2020/06/24 16:08 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。