Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドイツ紙!ケルン戦で2ゴール1アシストの大迫を特集!最高点の評価!

【ビルト】

ケルン戦で2ゴール1アシスト

大迫、ヴェルダー戦で輝く!
 
osakosaosa.jpg


大迫勇也のいったいなんというパフォーマンスだ!


この日本人(採点1)は6:1で勝利したケルン戦で早い時間にゴールをあげ、ヴェルダーに希望をもたらした。その直後彼はラシカのゴールをアシストし、さらに5:0となるゴールも挙げている。

スポンサーリンク


2ゴール1アシスト!大迫がヴェルダーの奇跡で輝く!


コーフェルト監督にとっては大迫のこのパフォーマンスは驚きではない。監督は、“彼は自分の前に一人いる方がプレーしやすいんだ。センターストライカ―じゃない方がね。だけど今シーズンは選択肢がなかったので、そうできなかったんだ。だけど今はストライカーがいるからね。このコンビネーションが彼を今日のような選手にしているんだ。プレー面でも闘志の面においてもね。“


ケルン戦ではフィルクルク、大迫、ラシカが今シーズン初めて一緒にプレーしている。この日本人はこの二人とプレーし開花している。


大迫はブレーメンで最高のパフォーマンスを見せたこの試合で、全てにおいて説得力のあるプレーを見せており、それはプレーする喜びにあふれていた。ここ数か月の弱々しいプレーとは大違いだ。


コーフェルト:“ユウヤは素晴らしかったよ。コロナで中断しているときからそうなる予感はあったんだ。彼はシーズン序盤のようなフィジカル状態になってきたからね。それまでは怪我が多かったから。“


このような状態の大迫は、入れ替え戦で非常に重要になるだろう。




以上です。


コーフェルト監督は、大迫選手を起用し続けていましたが、最後の最後で結果が出て良かったですね。あと2試合ありますから、活躍と残留を期待しています。ちなみに入れ替え戦の相手はハンブルガーではなくハイデンハイムに決まりました。




[ 2020/06/29 05:04 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。