Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドイツ移籍専門サイトの選手アクセスランキング!香川が再びトップ10にランクイン!!

【トランスファーマルクト】


トランスファーマルクト20周年記念


2012年アクセスランキング!

goetze-kagawa-HA-Wirtschaft-Stuttgart.jpg

シャキリが上位に!メッシが記録!


2012年はロビン・ファン・ペルシーがマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、ルーカス・ポドルスキーがアーセナル、そしてシェルダン・シャキリがバイエルンに移籍した年だ。ネイマールがブラジルで大きな話題となり、ズラタン・イブラヒモビッチがパリに到着している。さらにマルティネスがクラブ最高額でバイエルンに移籍し、ドルトムントがマルコ・ロイスを獲得している。


スポンサーリンク


多くが起こった年だったが、2012年のトップ20を紹介する。


上位5位にランクインしたのは、シャキリ、ネイマール、イブラヒモビッチ、79ゴールを記録した
メッシ、そしてチャンピオンズリーグの悲劇のヒーロー、マリオ・ゴメスだ。彼は2011/2012シーズン、毎試合平均1ゴールを記録していたが、決勝ではゴールがなかったのだ。


そのシーズンはボルシア・ドルトムントがリーガとポカールで優勝している。ドルトムントの中からは、トップ20に香川真司、ロベルト・レヴァンドフスキー、マリオ・ゲッツェがランクインしているが、まだ優勝にはマルコ・ロイスは関係ない。しかしドルトムントに移籍したことで、ロイスはこの年大きな話題となっている。



以下トップ20


20位:ダヴィド・アラバ

19位:ブラク・ユルマズ

18位:ファルカオ

17位:ロビン・ファン・ペルシー

16位:ルーカス・ポドルスキー

15位:ハルク(フッキ)

14位:マリオ・ゲッツェ

13位:ロベルト・レヴァンドフスキー

12位:エデン・アザール

11位:ヌリ・シャヒン

10位:マルコ・ロイス

9位:メスート・エジル

8位:香川真司

7位:マリオ・ゴメス

6位:シャビ・マルティネス

5位:ネイマール

4位:シェルダン・シャキリ

3位:ズラタン・イブラヒモビッチ

2位:クリスティアーノ・ロナルド

1位:リオネル・メッシ






以上です。

移籍専門サイトのトランスファーマルクトが20周年を記念して一年ごとに選手プロフィールのアクセスランキングを発表しています。

文中ではゴメスがトップ5に入っていると書かれていますが、ランキングではロナルドが2位に入っており、ゴメスは7位ですね。
香川選手はダブルに貢献しユナイテッドに移籍しましたから8位に入っています。この頃はブンデスが強かったですね。

[ 2020/06/30 05:26 ] 香川 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。