Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

入れ替え戦に臨むブレーメン!大迫、フィルクルク、ラシカの新コンビに注目!!!

【アーヘン新聞】


入れ替え戦!

ラシカ、大迫、フィルクルクがブレーメンを守る!



osakoskokokoko.jpg


ヴェルダー・ブレーメン!このクラブはこれまで多くのゴールをあげてきたが、今シーズンはまったくその匂いがしなくなった。しかし入れ替え戦を前に、ようやく向上の兆しが見えてきた。トリオのおかげで!!



スポンサーリンク


2019年の9月20日、フロリアン・コーフェルト監督はうまくいかないシーズンに対してやることが沢山あった。


ライプツィヒとの試合の一日前にニコラス・フィルクルクが膝十字靭帯を損傷したのだ。そしてブレーメンの目玉補強も長い間スタンド観戦を余儀なくされている。コーフェルトは当時、“考えられる限り最悪の状況”と語っている、。そしてフィルクルクなしのブレーメンはその後急降下する事になる。



そのためこのハノーファーから来た27歳がシーズン終盤に復帰した事は非常に重要な意味を持つ。彼はまだ100%ではないが、入れ替え戦での力になることはできる。彼はそのフィジカルと存在感をいかして、これまでブレーメンに足りなかったものをもたらしてくれるのだ。これによってヴェルダーは前線の空中戦でチームメートとの連携がとれるようになったのだ。


入れ替え戦を決めたケルン戦では、その隣でプレーしていたラシカと大迫がゴールしている。この3人が一緒にプレーしたのは今シーズンこれが最初なのだ。そしてこの3人が今週の木曜日と来週の月曜日に行われる入れ替え戦で中心となる。


“我々にこのようなサッカーができることは驚きではない。”とコーフェルトはケルン戦の後で語っている。“これまではまだ一緒にプレーすることができなかっただけだ。”ケルン戦までブレーメンはホームで9得点しか挙げていなかったのだ。



コーフェルトはケルン戦で完璧に機能したこの3人という興味深いミックスを手に入れた。力強く空中戦に強いフィルクルク、素早いラシカ、そしてテクニックに優れ柔軟な大迫だ。“今シーズンすべてが時間との戦いだった。だけどようやくみんな集まったよ。”とコーフェルトは語る。


コーフェルトは、ケルン戦でフィルクルクを起用する前に、フィルクルクの友人に電話をして確認したようだ。“彼とプライベートでつながりのある人に電話をして、彼が私に言っている事と彼らに言っている事が同じかどうか質問したんだ。”とコーフェルトは明かしている。


フィルクルクの友人たちは普段から彼が万全な状態だと語っている事を認めたようだが、それによってコーフェルトは彼をスタメンで起用する決断をしている。そしてそれが降格を避ける事となった。





以上です。


いよいよ入れ替え戦がはじまりますが、新たなトリオの活躍を楽しみにしています!




[ 2020/07/01 18:49 ] 大迫 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。