ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川は?長谷部は?ビルト紙が希望する各チーム・スタメンを発表!!

ブンデスリーガの開幕も近づいてきましたが、本日ビルト日曜版で、それぞれのチームに対する特集が組まれました。その中で、ビルト紙が希望する11人(タイトルではスタメンとしました。)を発表していましたので、日本人選手の所属するチームの物を紹介したいと思います。


entry_img_515.jpg





ボルシア・ドルトムント :香川



希望のスタメン

20150809181621aa7.jpg


記者の今期の予想

最大の疑問は、BVBがトゥヘルの下で再びバイエルンを追う存在になるかどうかである。私はそうなるだろうと思っている。クオリティーを見ればボルシアはヴォルフスブルクや、レヴァークーゼン、グラートバッハに対抗できるだろう。トゥヘルが明確なプランを持っていることと、選手がやる気に燃えてプレーしている事を見ることができる。いずれにせよ、バイエルンを追う存在にはなるだろうが、バイエルンを追い越すことはまだ出来ないだろう。チャンピオンズリーグ圏内でフィニッシュすると思う。




マインツ05 :武藤


希望のスタメン

20150809181623be9.jpg


記者の予想

テストマッチでのモナコに対する5:1での敗戦やイングランドの2部ローターハム相手の敗戦は、良かった準備トレーニングに影を落とすものとなった。新加入の選手はとても良い印象を与えてくれるが、それでも岡崎慎司を補う存在は見つかっていない。チームは若くタレントもあり、飢えてもいる。そして以前よりも層が集まる厚くなっている。マインツは今期も降格とは無縁だろう。中位でフィニッシュすると思うが、一桁台に食い込むことができるかどうか、という所だろう。




ハンブルク :酒井高徳


希望のスタメン

20150809181626688.jpg



記者の予想

ブルーノ・ラッバディア監督の下でチームはより熱心でチームプレーにあふれるようになった。スター選手の獲得もなく、お金も使い果たされた。もしハンブルクが前半のバイエルン戦やグラートバッハ戦に耐え抜くことができれば10位から12位も可能だろう。




ハノーファー96 :清武、酒井宏樹



希望のスタメン

201508091901445f4.jpg


記者の予想

8人の新加入、そして11人がチームから移籍。この若いチームは時間が必要だ。ヨーロッパはもはやテーマにはならないが、それで良い。プレッシャーが少なく、将来の見通しは大きい。テストマッチ5試合に未勝利で、今シーズンは震えることになるかといったところだが、スタートに成功すれば中位は可能だろう。もし失敗すれば残留争いをすることになるだろう。



スポンサーリンク


シャルケ : 内田


希望のスタメン

20150809190146dca.jpg



記者の予想

マネージャー・ヘルトははっきりとした目標順位を言うことをさけた。新監督のブライテンライターは、素晴らしいサッカーをして失われたファンを再び取り戻さなければならない。ブライテンライターはチャンピオンズリーグ圏を達成しなければならないが、それはとてもむずかしいだろう。





ケルン : 大迫 、長澤


希望のスタメン

2015080918162590e.jpg


記者の予想

ケルンは降格争いとは無縁だろう。そうなるにはチームには力がありすぎるし、トレーナーもクールすぎる。ケルンの順位は10位から12位になると予想する。それ以上の順位は来季以降になるだろう。





ヘルタ :原口、細貝


希望のスタメン

20150809190146788.jpg


記者の予想

ヘルタのトレーナー、パル・ダルダイは39才とリーガで最も若い監督だ。新加入が二人、怪我人多数と層は非常に薄い。このベルリンのチームはブンデスリーガ3年目となる今シーズンも、降格に怯えるシーズンとなるだろう。昨シーズンは最終戦に得失点さで降格を免れている。




フランクフルト : 乾、長谷部


希望のスタメン

201508091816287f5.jpg



記者の予想

プレシーズンのテストマッチではフランクフルトは勝利を重ねた。しかし手強い相手もいなかった。フランクフルトは9位になると予想するが、最後までヨーロッパリーグ出場をかけた戦いをするだろう。






以上です。


ブンデスリーガに所属する日本人選手は昨シーズン同様、今のところ12人となっています。その内、半分の6人の日本人選手がビルト紙の希望するメンバーとして名前が上げられていました。

管理人が個人的に興味深いと思ったのは、フランクフルトですね。フェー監督に戻って、長谷部選手が右サイドバックでプレーしていますね。乾選手も今回は以前と比べて語学力が向上し好印象を残しているようです。内田選手は長期離脱ですので、まずは怪我を直して欲しいですね。

ちょっと意外だったのがハノーファーの人選でした。知らない間に8人の新加入、そして11人の移籍と、出入りの激しいシーズンになったようですが、清武選手、酒井選手が新加入の選手とポジション争いをする事になりそうですね。(清武選手は現在リハビリ中ですね。)


まだ移籍市場が閉まるまでは時間がありますが、日本人選手の移籍はあるでしょうか?いずれにせよ今シーズンも日本人選手の活躍を期待したいです。


※記者の予想の部分は、時間の関係で一部要約しました。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/08/09 19:14 ] ブンデス日本人特集 | TB(-) | CM(10)
トゥヘルの中では開幕戦のスタメンはほぼ固まってると思う。ただ二列目のポジションは悩むところ。左は絶好調のミキに決まったけどロイスがあまり目立たなくなった。ロイスと香川は合うけどミキと合わないのが悩むところ。
オバメとギュンそしてミキだと433の方が使いやすい。となると香川はトップ下だけでなくインサイドハーフとしての力も証明しなくてはならない。でも香川ならきっと進化して行くと思う。コンディションが悪くない限りは香川はスタメンだと思う。
[ 2015/08/10 00:14 ] [ 編集 ]
香川選手、開幕スタメンであれば嬉しいですがどうでしょうね。
今までの親善を含めての試合を見ていると、1か2ポジション以外は決まっているように感じます。
なんとなく、元々今季始まる前から決めていたんじゃないかと思います。
ごちゃ混ぜにするとか、組み合わせがとか色々言ってましたが、結局実際はしていないですし。

取りあえず開幕スタメンでなくても、チャンスはあると思いますし頑張ってほしいです。
ずっと応援します。

ひとつ心配なのは、監督は本当にTOするんでしょうか。。
昨季のように怪我多発しないためにも、まだあめり試合に出てない選手に機会を与えてほしいです。
[ 2015/08/10 00:19 ] [ 編集 ]
No title
ポカール観た上で、ミキとオバメを攻撃に使うとロイスがほとんど活きないなという懸念が確信になりつつ。
[ 2015/08/10 01:10 ] [ 編集 ]
No title
今日のカップ戦見てたら、BMG相手ならスタメンでなくてもいいかもと思えた。スケープゴートにされるよりましかな、と。相変わらずカウンターに弱そう
[ 2015/08/10 01:51 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん、資料ありがとうございます。
予想を見てワクワクするのが楽しいですよね。
いやー今季は楽しみだなぁ。
個人的には3列目に期待。
ギュン、ヴァイグル、カストロ、ベンダー、シャヒン。
組み合わせ楽しみ!
[ 2015/08/10 02:48 ] [ 編集 ]
No title
最近のドルトムントの試合を見てクロップは何を思うでしょうかね

昨シーズンは怪我人の多さにチームが苦しみましたが
今シーズンはそんなに怪我人はいませんが微妙な感じですね

正直3部相手にトゥヘルの思うベスメンでくるとは思いませんでした
TOはどうするつもりなんですかね
ロイスやオーバは疲労や合わない連携でかなりのフラストレーションを抱えていますね
選手が冷静さを失うのは監督が選手を掌握できていない証拠です
[ 2015/08/10 03:53 ] [ 編集 ]
No title
ロイス、カストロの位置が、まだ定まらないようですね。
[ 2015/08/10 07:33 ] [ 編集 ]
No title
>正直3部相手にトゥヘルの思うベスメン
横から申し訳ないですが、今期かなり評価されている
ヴァイグルがベンチでしたよね
来週からかなりの試合数になるのでTOは必須だと思います
[ 2015/08/10 13:12 ] [ 編集 ]
No title
オバメ、香川、ロイス、ムヒの4人全員が輝くのはなかなか難しいみたいですね。
個人的には左はムヒがいいかなと。以前みたいに中央に寄らず、強いフィジカルを生かして左サイドでボールをしっかりおさめて、しかけたりゲームを作ったりできるので、非常に有効だと思います。
トップ下は香川がいいですね。やはり日本人ですし、周囲を生かす能力は香川が一番かと思います。
オバメはトップですかね。サイドの選手としては引き出しが少ないので、心もとないです。シュートが上手いので、トップがもっとも生きると思います。
そうなるとロイスが右になるので、ちょっともったいない。ロイスは左にいて香川と連携すると、引かれた相手でも崩せる可能性があるので。ムヒは左でやってるみたいなプレーを右でもできないもんですかね。
[ 2015/08/10 16:56 ] [ 編集 ]
No title
香川は親善試合のFCルツェルン戦で2アシストとかアジアツアーからここまでは順調だったんですよね
ユベントス戦前に膝を捻ったとかで練習休んでから微妙になってきてる感じなんで、それがまだ影響してるのかなと思ったりもしています
カンプルが怪我で離脱しているようですが、ドルトムンが今期上位に食い込むにはどの選手にも怪我だけは気をつけてもらいたいものです
[ 2015/08/10 18:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。