Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト鎌田!!契約延長オファーを拒否か?延長が破談になる可能性!

【ビルト】ドイツメディア

鎌田の契約延長交渉が破談に?

kamada11.jpg

今シーズンのアイントラハトにおいて鎌田大地は驚きだった。公式戦47試合に出場し10ゴール9アシストだ。この日本人の市場価格はトランスファーマルクトによると800万ユーロまで上がっている。そして4:1で勝利したベルリンでのアシストは今シーズンのハイライトだった。

スポンサーリンク


そしてフランクフルトと鎌田大地は2021年までとなっている契約を延長する事で合意しているとされていた。しかしフランクフルトは急にこのミッドフィルダーを巡って震えなければならない立場になったようだ。

なぜならビルトの情報によると代理人のロベルト・ツカダ(※おそらくロベルト佃)が契約延長を拒否したためだ。



“すべての準備はできている。ダイチが7月中にも長期契約にサインすると思っているよ。”とアイントラハトのフレディ・ボビッチはシーズン終了後に語っていた。そして“彼のポテンシャルは凄いよ。彼のように前を向いてボールを持っていける選手はそうはいないよ。”と語っていた



しかしこのドリブラーはアイントラハトを去ってしまうかもしれない。来年フリー、もしくは条件が合えばこの夏にでも。



アイントラハトはこの日本人の二人の代理人と交渉している。ドイツで代理人を務めるトーマス・クロートは鎌田がアディ・ヒュッター監督に完璧に合っており、あと2,3年はブンデスリーガで学ぶべきとの意見だ。しかし日本の代理人ツカダがそれには賛成していないようだ。


そしてこの代理人はヨーロッパ中にコネクションを持っている。最高のタレントである久保建英はレアル・マドリッドと契約しているし、ディフェンダーのエース、ナカトモ(※長友)はインテルとガラタサライでプレーしている。


鎌田が移籍してしまったら、それはアイントラハトにとっては損失となるだろう。ヒュッターは“彼はチームの創造的な頭だ。”と語っている。彼と同様のクオリティーを持った代わりを見つけるのは簡単ではない。


元ブレーメンのマックス・クルーゼはイスタンブールで契約を解消しており、市場に出ている。しかし昨年は獲得に前向きだったヒュッターも今では冷めている。




以上です。


鎌田選手本人がどう思っているのかがわからないので何とも言えませんが、代理人二人の意見が分かれているという事のようですね。このようなケースが話題になるのは結構珍しいです。


まだブンデスリーガ1年目ですから、できれば後2年ぐらいはプレーしてほしいと思いますが・・。

[ 2020/07/08 16:49 ] 鎌田 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。