Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

レアル久保!レアル復帰でカスティージャに戻る可能性はあるのか?レアルはすでにその可能性を除外!

【DefensaCentral】スペインメディア 7月13日

レアルが来シーズン除外した久保のオプション

kubohusa.jpg


これまで久保建英をカスティージャでプレーさせて、トップチームで居場所ができしだい昇格させたほうが良い、という声も出ている。しかしどうやらこの可能性は除外されているようだ。


久保建英が来シーズン、レアル・マドリッドのカスティージャでプレーする事はないだろう。当紙が掴んだ情報によると、クラブ側も選手側もそう決断したようである。今後はこの選択肢以外のオプションを選択する事になる。

スポンサーリンク


最近では、仮にヨーロッパでプレーできなかったとしても継続的にプレーできる一部のクラブに移籍したほうが成長するだろうとみられている。


それでも最近は、久保がカスティージャでプレーする可能性もあるだろうと噂されていたのだ。その背景にあるのは、カスティージャでプレーしながら、空きが出来次第すぐにトップチームに昇格させるという考えだ。しかしその可能性はすでに除外されている。


レアル・マドリッドはカスティージャでプレーすることは、今となっては選手にとっては後退を意味し、そこから得るものはあまりないと見ているのだ、。久保はすでに一部リーガで良いパフォーマンスを発揮しており、そこから下に下がるべきでではないとの見方だ。


なので彼が来シーズンもマジョルカでプレーすることはなく、引き続きスタメンとしてプレーできるリーガ中位のクラブに移籍するとみられている。


仮にスペインの一部のクラブとのローン移籍で合意できなかった場合、レアルは外国のクラブへのローン移籍には消極的だ。彼らは外国でも大いに成長する事が出来ることは理解しているが、一方で久保をコントロールすることが難しくなるためだ。


久保はレアル・マドリッドで最も偉大なタレントの一人だ。そのため決断にはしっかりと時間をかけるとみられている。


すでに当紙でも報道しているが、リーガが終了次第両者が将来について話し合う事となっている。ジダンはすでに来シーズン久保を計画に入れたいとクラブ側に伝えたとされているが、それはスペインの規則次第(※おそらくEU圏外枠)となるだろう。


いずれにせよ久保がレアル・マドリッドで成功をおさめたがっている事ははっきりしている。彼自身はまだレアルでプレーするには若すぎ、もう少し経験が必要だと思っているとみられている。彼がEU圏外の選手であるのはある意味不運かもしれないが、だからといってそれがそれ以上の妨げとなる事はない。もう一年ローンでプレーすれば、ベルナベウでプレーできる事を世界中に示すことができるだろう。




以上です。

久保選手のカスティージャ復帰の可能性は全くないようですね。ローン移籍で合意できない場合にも触れられていましたが、実際にソシエダやバジャドリードからの興味が噂されていますから、そこまで心配する事はなさそうですね。とは言ってもやはりどこのクラブにもEU圏外枠がありますから、スペイン移籍ははそこが難しいですね。

[ 2020/07/14 16:57 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。