Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

リヴァプール!南野とケイタがアーセナル戦後、ツイッターのトレンドに!

【Fansided】アメリカスポーツメディア

<
span style="font-size:large;">南野拓実とナビー・ケイタがアーセナル戦後のツイッターのトレンドに!

minamino76.jpg


リヴァプールでプレーしたナビー・ケイタと南野拓実がトレンドとなっている。


リヴァプールはアーセナルに2:1で敗れたが、その後多くのファンがツイッターでコメントしている。だいたいいつも、誰を先発させるべきだったか、誰を先発させるべきではなかったかという話になるのは興味深い事だ。

スポンサーリンク


例えばナビー・ケイタではなくてチェンバレインが先発した事に対して議論が見られた。なぜならチェンバレインのプレーが決して悪かったわけではなかったが、この決断が報われる事がなかったからだ。


南野拓実がロベルト・フィルミーノを差し置いて先発する事は決してないだろうが、フィルミーノを先発で起用したことは、彼がエミ・マルティネスを追いかけ、そのシュートをブロックした場面だけでも報われている。このシュートはゴールポストへと弾かれたのだ。


南野は今シーズン少しばかり苦労している。しかし中央でプレーする方がはるかに居心地がよさそうだ。彼はこれまでモー・サラーの代わりとしてサイドに開いた位置でプレーする事もあったが、この試合ではフィルミーノの代わりに出場し良いプレーをしている。


彼が試合後にツイッターのトレンドとなったのは、ペナルティエリア内での出来事もある。この日本代表選手はペナルティエリアで多くのプレッシャーを受けたが、それでもボールをキープし倒れないという決断をしたのだ。多くのファンがツイッターでその場面を悔しがっている。彼らは南野が倒れていれば、審判はPKを与えざるを得なかっただろうと見ているのだ。


ケイタはリーグ再開後、ミッドフィルダーでは最も良い選手の一人だ。彼はバーンリー戦でも良いプレーをしたが、クロップはその報酬として彼を先発させることはなかった。


彼がプレーしだしてからは、アーセナルの守備陣を相手に少しずつスペースを作り出していたが、それはちょっと遅すぎた。なぜならアルテナ監督が0-10という革新的なフォーメーションで相手を突破させなかったためだ。


アーセナルはリヴァプールのミスからうまれたゴールのおかげで3ポイントを獲得している。それでもこの試合では南野とケイタという光が見られた。



以上です。

たしかに南野選手がすぐに倒れていればPKになったかもしれませんね。この試合では敗れてしまいましたが、良いプレーを見せる事ができて良かったです。残りの試合でもプレー時間が増えると良いですね。

[ 2020/07/16 18:25 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。