Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

香川の元同僚!元ドイツ代表のアンドレ・シュルレが29歳で引退!!

【ビルト】ドイツ紙

ワールドカップの英雄!29歳で引退!

シュルレ!引退を発表!

schurr4.jpg


アンドレ・シュルレが引退を宣言した。彼はシュピーゲル紙において、“この決断は長い時間をかけて下したものだ。もう拍手は必要ない。”と語っている。

スポンサーリンク


シュルレは水曜日にドルトムントとの契約を解消していたが、それまで彼はスパルタク・モスクワにローン移籍した。


シュルレは、これかれもずっと2014年のワールドカップ決勝でマリオ・ゲッツェのゴールをアシストした人物として記憶に残るだろう。


シュルレはシュピーゲルに対して、しばしば孤独だった事を明かしている。彼は底がどんどん深くなり、ハイライトが遠ざかっていると感じていたようだ。しかしそのような感情を露わにすることは業界が許さなかった。


シュルレは2016年に3000万ユーロでヴォルフスブルクからドルトムントに移籍し、2017年にはポカールで優勝している。しかしキャリアがその勢いに乗る事はもはやなかった。その後彼はフルハム、そしてスパルタク・モスクワへとローン移籍している。ドルトムントのルシアン・ファヴレ監督には彼を起用するつもりがまったくなかったからだ。


シュルレはシュピーゲルに対して、“このビジネスで生き残るためには、常に何らかの役割を果たしていなければならない。そうでなければ仕事を失い、新たな仕事はもう来なくなってしまう。”と語っている。


しかしシュルレはどうやら“何らかの役割”を果たす気もなくしてしまったようだ。


シュルレはマインツ、レヴァークーゼン、ヴォルフスブルク、ドルトムントとブンデスリーガで207試合に出場し、51ゴールをあげている。またプレミアリーグではチェルシーとフルハムでプレーし68試合に出場し17ゴールをあげている。


さらにドイツ代表では57試合に出場し22ゴールを記録した。彼が最後にドイツ代表としてプレーしたのは2017年3月となっていた。




以上です。

この間ドルトムントとの契約解消が報じられたばかりですが、まさか引退するとは想像もしませんでした。このような形でキャリアを終えるのもなんだか寂しいですね。トゥヘルの時にドルトムントに移籍してからは序盤で結構活躍する兆しを見せてくれたんですが、負傷した後の復帰試合でまた負傷してから出番が減ってしまいましたね・・・。


[ 2020/07/18 04:58 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。